カニ漁船!日本人が大人気!?オーストラリアでの出来事


いつも十代ブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

今回は、カニ漁船!日本人が大人気!?オーストラリアでの出来事について、ご紹介させていただきます。

訪問者様は、海外旅行に行ったことはありますか?

海外旅行された方に質問ですが、日本人は、外国人と比べて、小柄な方だと思いませんか?
※私の一個人的な意見です。


私は、オーストラリアに行った際、オージーの体格に驚きました!!

それと共に、日本人が小柄だと気付きました。


その影響もあるのか?オーストラリアのカニ漁船では、あんまり日本人を雇いたくないと思われているそうです。


今回は、そんな日本人である私が、たまたま人手不足により、カニ漁船で働くことになりました。

その結果、

私が働いていた港では、日本人ワーカーが大人気になった時の出来事をご紹介させていただきますので、どうぞご覧くださいませ。

スポンサーリンク

日本人を雇いたくない理由

日本人を雇いたくない理由


私が働いていたカニ漁船の船長から聞きました。

  • 日本人を雇いたくない理由!


それは、次の通りでした。

  • 体格が中学生
  • 英語が話せない
  • 挨拶すらしない
  • 仕事ができなさそう
  • チャレンジ精神がない
  • 親切だから本音を言わない
  • そもそも日本人に頼まない

となります。

日本人は挨拶しない


船長は、よく日本人に対して、

  • How's it going?(ハウズイットゴーイング)
    ※元気かい?

と挨拶しても、無視するんだぜ!

返事をくれたとしても、

  • Good(いいよ)
  • blah blah blah(ごにょごにょごにょ)

だけだぜ!?

若造のくせに、失礼だろ?

と私に文句を言っていた。

ちなみに、私は、船長に挨拶された場合は、

  • グハハハハ!スキッパー(Skipper)!How are you?

と笑顔で大きな声で適当に挨拶すると、

喜んでもらえる!

たったこれだけの差で、日本人は雇いたくないと思われていた!?

他には、このようなことも言っていた。

チャレンジ精神がない


船長は、以前にも何度か人手不足で日本人に応援を頼んだが、

  • また今度!俺にはできない!船には興味がない!

などと言って、誰も手伝ってくれなかったそうだ。

したがって、
日本人=チャレンジ精神がない
とその港では、噂が広がっていた。

日本では、
カニ漁船=借金返済のため?
となっているそうなので、挑戦するのは厳しいかも知れませんね。

そのような出来事から、その港では、日本人は必要とされていませんでした。

大人気になった理由?

大人気になった理由?


しかし、そんな日本人の私がカニ漁船で大人気となった出来事は、次の通りです。

  • 体力がある
  • 船の掃除ができる
  • 仕掛け作りが早い
  • トイレ掃除ができる
  • 英語はできないが挨拶はできる

となります。

それぞれの出来事をご紹介させていただきます。

体力がある


体力があるのは、私が特別に無尽蔵の体力があったわけではない!

船長からすると、日本人は小柄であるため、船上での作業ができるか心配だったそうだ。

要するに、船酔いせず、船上で作業ができるだけで評価は高い!

スポンサーリンク

船の掃除ができる


船長は、ワーホリで働いているやつは、船の掃除もろくにできない!

ひどいやつは、クッキーを食べながら、掃除機をかけるも、掃除する前よりもひどくなっていた!

それに比べて、お前はパーフェクトだ!
※普通の掃除で褒められます。

仕掛け作りが早い


船の上では、仕掛けを作る作業があります。

作業内容は、次の通りです。

  1. 網目状のプラスチックを決められた形に切る
  2. そのプラスチックを結束バンドで止め、かごを作る
  3. そのかごの左右にゴムを取り付ける

と揺れる船の上でも、できる簡単な作業です。
※目標は、5~10個(15分~30分)

船長は、
ほとんどの作業員は、こんな簡単な作業に1時間以上もかけやがる。さらに、仕上がりを確認すると、まったくできていないため、仕掛け作りは俺が寝ずに作業する。
とのことでした。

しかし、私の場合は、その仕掛け作りを20分ほどで完璧にこなすため、驚いたそうです。

たったこれだけ?と思いますが、無給ですので、やりたくないのでしょう。

トイレ掃除ができる


船長が特に喜んでいたのは、私がトイレの掃除をすることでした。


この作業をするのは、お前くらいだと言われました。
※私と一緒に働いていたブラジル人もやってましたが、、、

私は、船に装備されているぶっといホースで水をかけただけで、褒められました。

この作業が、一番!評価が高かったと思います。
※あくまでも、私の船長の場合です。

英語はできないが挨拶はできる


船長は、よく私に言いました。

それは、

  • You are perfect!! but,You can't speak to english!!kusoyaro-!
    ※お前は仕事が何でもできるのに、英語ができない!くそやろー

と言われました。

そのおかげで、毎朝、英語と日本語の勉強会が船上で行われておりました。

他のカニ漁船の船長から誘われる


私は、カニ漁船の船長らの中では、とても有名になりました。

常に、いろんな人から誘いを受けましたが、私はすべての誘いを断りました。

なぜなら、
同じ船で働くブラジル人からアドバイスをもらったからでした!

その内容は、次の通りでした。

  • 他のカニ漁船の船長は、常に船酔い?して、何も作業をしないし、扱いが本当にひどい!だから、この船以外では働かない方が良いよ!

とのことでした。

たしかに、他のカニ漁船からカニを積み降ろす際、その船の船長は顔を真っ赤っかにしていた。

他には、居眠り運転で船を座礁させた船長もいた。

したがって、日本人は大人気でしたが、私は他のカニ漁船で働くことはありませんでした。

以上、カニ漁船!日本人が大人気!?オーストラリアでの出来事についてでした。

最後に


訪問者様いかがでしょうか?

日本人は、小柄なだけで、仕事ができなさそうと思われております。

もし、海外で働くことがあれば、英語が話せなくても、元気を持ってボディランゲージで対応しましょう!

最後まで、ご覧いただき誠にありがとうございました。

カニ漁の記事一覧は、

をどうぞご覧くださいませ。

スポンサーリンク
カニ漁船!日本人が大人気!?オーストラリアでの出来事
最新情報をチェックしよう!