Uber Eats配達パートナー!12種類のメリット・デメリット


いつも十代ブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

今回は、Uber Eats配達パートナー!12種類のメリット・デメリットについて、ご紹介させていただきます。

訪問者様は、Uber Eats(ウーバーイーツ)をご存知でしょうか?


簡単に言うと、

  • Deliveryデリバリー(配達)となります。


詳しくは、次の引用部分をどうぞご覧くださいませ。

引用文:Uber Eatsとは何ですか?
Uber Eatsは私たちの新しいフードデリバリープラットフォームで、お気に入りの地元のレストランからおいしい食べ物を簡単に手に入れることができます。

引用元:Uber Eats「FAQ」

となります。


私は、オーストラリアにワーキングホリデー中、Uber Eatsで約6ヵ月間、アルバイトをしていました。

今回は、日本で話題のUber Eatsのメリットやデメリットについて、ご紹介させていただきますので、どうぞご覧くださいませ。

スポンサーリンク

Uber Eats配達パートナーのメリットやデメリット

Uber Eatsアルバイトのメリットやデメリット


Uber Eats配達パートナーのメリットやデメリットについて、それぞれご説明させていただきます。

メリット


Uber Eatsのメリットは、次の通りです。

  1. 面接がない
  2. 報酬は週払い
  3. 完全歩合制(出来高)
  4. ブーストがある
  5. 一人で自由にできる
  6. 運動習慣が身につく(自転車のみ)
  7. 服装や髪型に制限がない
  8. 人と会話することが少ない
  9. 稼いだ報酬を可視化できる
  10. 好きな時に好きなだけできる
  11. 人気のお店や商品を知ることができる
  12. 配達中、商品が破損しても配送料がもらえる

となります。

それぞれの項目について、ご説明させていただきます。

スポンサーリンク

面接がない


Uber Eatsでは、配達パートナーになるのに、面接などの試験はございません。

  • 18歳以上であれば、登録が可能となります。(高校生可)

※ただし、過去に前科がある方は、登録できないこともあります。

したがって、面接がないのは、メリットとなります。

報酬は週払い


Uber Eatsの報酬は、週払いとなります。


月曜日から日曜日までの収益にあっては、翌週の火曜日(水曜日?)に登録した口座に振り込まれます!


ちなみに、現在では「その場で現金支払い」もあるようです。
※日本でのお話です。

この場合だと、直接現金でのやり取りがあるのは、デメリットですが、すぐにお金が手に入るメリットでもあります!
※1万円を両替できるように事前準備必要となります。

したがって、報酬は週払いすぐに手に入るメリットとなります。

完全歩合制(出来高)

完全歩合制(出来高)


Uber Eatsは、完全歩合制です!

オーダーがなければ、まったく稼げませんが、オーダーがあれば、かなり稼ぐことができます!


私がオーストラリアのメルボルンでUber Eatsの配達をしていた時は、

  • 一時間で$60報酬を手に入れたことがあります!

※時間、地域、天候、プロモーションなどによって大きく異なります。

したがって、頑張れば頑張るほど、報酬が増えるお仕事は、やりがいがありますよ!

なお、地域によっては、最低時給(1000円)保証もあるそうですよ。
※いくつかの条件が必要になります。

ブーストがある


Uber Eatsには、ブーストと呼ばれるボーナスタイム?みたいなのがあります。

ブーストには、
エリア・時間・倍率
が決められており、その条件に該当すれば、配達で得れるインセンティブが

  • 1.1倍~2.8倍

になります。


たとえば、1回の配達で600円の報酬がある場合、

  • ブーストが2倍だと、1回の配達で、1200円稼ぐことができます!


したがって、ブースト制度は、とても大きなメリットですね!

一人で自由にできる

一人で自由にできる


Uber Eatsでは、一人で仕事ができるため、わずらわしい人間関係などは一切ございません。


したがって、一人で自由に仕事ができます!

運動習慣が身につく(自転車のみ)


運動って、
やらないといけない!
とわかっていても、誰からも怒られたり、められたりすることがなく、モチベーションを維持するのが難しいですよね!?


しかし、Uber Eatsの配達パートナーになると、

  • お金を稼ぎながら楽しく配達ができ、お店の従業員や注文者からは、感謝され、なおかつダイエットにも効果があるのです!


したがって、自然と運動習慣が身につくのは、とても大きなメリットですね。

服装や髪型に制限がない


Uber Eatsでは、自由な格好で仕事をしても、まったく問題がありません。

外見よりも、迅速かつ丁寧に配達できるのか?が重要となります。


したがって、服装や髪型が自由というメリットがあります!

人と会話することが少ない


Uber Eatsの配達パートナーは、人と会話することが少ないため、人と接するのが苦手な方に向いています!

稼いだ報酬を可視化できる

稼いだ給料を可視化できる


Uber Eatsでは、Uberの配達用のアプリで収益の計算が行われています。

ですから、

  • 1件1件配達を完了するたびに、いくら稼いだのか?を簡単に確認することができます。



これは、自分の頑張りがすぐに結果として、現れるため、モチベーションを維持することにつながります。


したがって、この稼いだ報酬を可視化できるのもメリットの一つとなります。

好きな時に好きなだけできる


私がUber Eatsの配達パートナーをオススメする理由は、

  • 好きな時に好きなだけできるからです!


これが、一番のメリットではないでしょうか?


たとえば、

  • 会社員や主婦の方々は、空いた時間があれば、簡単に副業を行うことができます!



そんな都合の良い会社は、あんまり多くありません!

ですから、これは大きなメリットとなります!

人気のお店や商品を知ることができる


仕事をしていると、注文が多いお店や人気の商品などを知ることができます。

また、オーダーがキャンセルされると、

  • 配達中の商品を無料で手に入ることがあります!


したがって、これらのこともメリットの一つだと思います。

配達中、商品が破損しても配送料がもらえる

配達中、商品が破損しても給料がもらえる


Uber Eatsで配達中、誤って商品を破損させてしまうことがあります。

この場合は、商品を届ける前に、配達をキャンセルしましょう!

  • キャンセルしても、しっかりと配達料がもらえます!

※ブースト料金などは、加算されなかったと思います。


したがって、配達中、万が一、商品を破損させても配達料がもらえるのもメリットのうちの一つだと思います!

デメリット


Uber Eats配達パートナーのデメリットは、次の通りです。

  1. 疲れる
  2. カバンの代金がかかる
  3. お店で待つことが多い
  4. 配達先の情報がおかしい
  5. 配達のエリアが限られる
  6. 配達の依頼がないと稼げない
  7. 他人とオーダーが被ることがある
  8. 携帯電話の電池や通信が必要となる
  9. コツを知らないと稼ぐことができない
  10. 注文者からクレームを受けることがある
  11. 商品を取りに戻らないといけない場合がある
  12. 配達に必要な自転車やバイクが盗まれることもある

となります。

それぞれの項目について、ご説明させていただきます。

疲れる


Uber Eatsの配達を自転車で行っている方は、疲れると思います。


なぜなら、

  • Uber Eatsの仕事は、少し中毒性があり、一度始めると、簡単にやめられなくなるからです!


その結果、

  • 携帯の充電がなくなるまで、仕事をやり過ぎて、疲れてしまいます。



したがって、自転車で配達される方は、やり過ぎに注意しましょう!

カバンの代金がかかる


ウーバーバッグは、Depositデポジット(預り金)として、受け取ることができます。

ですから、受け取り時、支払いは不要となります!

ただし、稼いだ報酬から天引きされます!

  • 日本の場合:8000円(返却すると8000円戻ってくる?)
  • オーストラリアの場合:$30(返却不可?)

となります。


したがって、カバンの代金がかかるのは、デメリットです。


なお、Uber Eatsに登録する前に、友人や知人からウーバーバッグを手に入れたとしても、必ず!ウーバーバッグの代金は、徴収されます!
※オーストラリアのメルボルンのパートナーセンターにて、経験済みです!

お店で待つことが多い

お店で待つことが多い


Uber Eatsの仕事をしていると、お店で待つ時間がかなりのストレスとなります!

そして、10分(オーストラリアの場合は15分)以上待つ場合は、キャンセル可能とありますが、キャンセルしても、

  • 次のオーダーがもらえたり、報酬がもらえるわけでもなく、何も優遇されることはありません!


それどころか、現場の事情を知らない注文者からは、

  • What are you F***in'doing NOW? Hurry up!! Come on

※あなた今何やってんだよ?早く届けてよ!!
と苦情のメッセージが届きます。

そして、ようやく商品を受け取り、注文者に届けるも、文句を言われ、評価を下げられます!


したがって、お店で長く待つことは、かなりのデメリットとなります。


ちなみに私は、長時間お店で商品を待っていた際、そのお店の店長から、待たせているおびに、ジュースや商品券をもらうことができました!

配達先の情報がおかしい


Uber Eatsの仕事をしていると、配達先の情報がおかしい時があります!

そんな時は、

  1. 注文者に連絡
  2. 配達完了後、評価する際に、配達先の情報がおかしいことを報告!

しましょう。

もし注文者のせいで、配達先が遠くなった場合は、Uberの配達用アプリからUberに報告することで、補正された配達料をもらうことができます!


したがって、配達先の情報がおかしいのは、デメリットになります。

配達のエリアが限られる


現在、日本のUber Eats(ウーバーイーツ)では、仕事ができるエリアが限られています。

したがって、配達のエリアが限られているのは、デメリットとなります!

配達の依頼がないと稼げない

配達の依頼がないと稼げない


Uber Eatsの仕事は、注文者から注文があって、初めて仕事を受けることができます!

したがって、

  • 注文がないと配達の依頼がなく、稼ぐことができません。

※最低時給保証制度(日本のみ)が適用されることもあります。

他人とオーダーが被ることがある


Uber Eatsの仕事をしていると、配達パートナー同士で、オーダーが被る場合があります。

これは、Uber側のミスだと思いますが、報酬がもらえなくなるデメリットとなりますので、Uberに報告するようにしましょう!

携帯電話の電池や通信が必要となる


Uber Eatsの仕事において、なくてはならないアイテムがあります!

それは、

  • 携帯電話となります!


もし携帯の充電や通信ができないと、仕事をすることができません!

したがって、この点にあっても、デメリットとなります!

コツを知らないと稼ぐことができない


Uber Eatsの仕事は、完全歩合制ですので、コツを知らないと稼ぐことができません。

したがって、最初の頃は、作業量に対して、報酬が割に合わないかも知れないのが、デメリットとなります。

注文者からクレームを受けることがある


先ほど、少しご説明させていただきましたが、注文者からクレームが届くことがあります。

中には、仕事とまったく関係のない苦情を言われることもあります。

こればっかりは、選ぶことができないため、クレームを受けることはデメリットとなります。

商品を取りに戻らないといけない場合がある


仕事を行っていると、たまに発生するのが、お店側のミスで商品を取りに戻らないといけない場合があります。

これは、かなりのタイムロスにつながりますので、デメリットとなります。


なお、そんな時は、その出来事をUberに報告しましょう!

すると、

  • ほんの少しだけ、報酬が増えますよ!

配達に必要な自転車やバイクが盗まれることもある

配達に必要な自転車やバイクが盗まれることもある


仕事をしていると、自転車やバイクのカギを掛けるのが、億劫おっくうに感じる時があると思いますが、必ず!カギを掛けましょう!


普通に、盗まれます!

カギを掛けても、盗まれます!


もし自転車やバイクが盗まれると、

  • 仕事ができません!


したがって、自転車やバイクから離れる際は、カギの掛け忘れに気をつけましょう!


以上、 Uber Eats配達パートナー!12種類のメリット・デメリット についてでした。

最後に


訪問者様いかがでしょうか?

Uber Eats(ウーバーイーツ)配送パートナーのメリットやデメリットを知ることができましたでしょうか?


私は、Uber Eats(ウーバーイーツ)がとても大好きです!


なぜなら、

  • 普通のアルバイトよりも、稼ぐことができるからです!Uber Eatsで働くことのメリットが、私の性格と合っていたからです!


もしUber Eatsの仕事が気になった方は、配達パートナーに挑戦してくださいね!

最後まで、ご覧いただき誠にありがとうございました。

スポンサーリンク
Uber Eats配達パートナー!12種類のメリット・デメリット
十代ブログの最新情報をチェックする!