ガニ股歩きになる7つの原因とは!?

いつも十代ブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

今回は、ガニ股歩きになる7つの原因とは!?について、ご紹介させていただきます。

・猫背の方
・ガニ股で歩いている方
・肩を揺らして歩いている方

本記事は、これらの項目に該当する方々に伝えたい内容です!

ガニ股歩き:膝が外に向いて歩く姿のこと。(蟹の足に似ている)

普段の私は、キレイな姿勢を保つように意識して生活しています。

なぜなら、キレイな姿勢を意識しないと・・・猫背でガニ股になり、肩で風を切って歩くからです!!(どこぞのチンピラや⁉ 元警察官です・・・)

今回は、そんな私がガニ股歩きになる7つの原因について、ご紹介させていただきますので、どうぞご覧くださいませ。

スポンサーリンク

ガニ股歩きになる7つの原因

ガニ股歩きになる原因については、次の通りです。

  1. O脚
  2. 猫背
  3. 体幹が弱い
  4. お尻の筋肉が硬い
  5. もも前の筋肉が硬い
  6. 内ももの筋肉が弱い
  7. 足の裏に問題がある

となります。

それぞれの項目について、ご説明させていただきます。

原因1:O脚

O脚(ガニ股原因)

O脚の方は、ガニ股歩きになりやすい!

なぜなら、O脚の方は、歩く時につま先と膝が外に向きやすく、重心が外側にかかるからです。

その結果、ガニ股歩きへとなってしまいます。

ちなみに、O脚 = ガニ股ではありません。

O脚で内股の方もいらっしゃいます。

O脚オーきゃく:くるぶしをそろえて真っすぐ立った時、膝が離れている状態のこと。(正式名:内反膝ないはんしつ
ガニ股:O脚に股関節の外旋(外側に捻る)が加わったこと。

原因2:猫背

猫背の方は、身体が丸くなり、骨盤が後傾しやすくなります。

骨盤が後傾すると、身体の土台である股関節が開きやすくなります。

その結果・・・脚が外側に捻りやすくなり(外旋がいせん)、ガニ股歩きへとなってしまいます。

また、ガニ股歩きだけでなく、腰にも負担がかかるため、腰痛の原因にもなってしまいます。

原因3:体幹が弱い

体幹が弱い(ガニ股)

体幹が弱いと、キレイな姿勢を維持することができなくなってしまいます。

体幹たいかん:胸部と腹部のこと。(首から上、腕・脚の四肢を除いた部分のこと。)

すると! 猫背以外にも、骨盤が前傾し、腰が反れてお腹がぽっこりと前に出たりします。(反り腰

お腹がぽっこりと前に出ると・・・骨盤が外に開きやすくなり、ガニ股歩きの原因へとなります。

原因4:お尻の筋肉が硬い

お尻の筋肉が硬い

ガニ股歩きの原因には、お尻の硬さも影響しています。

なぜなら、身体の後ろ側にあるお尻の筋肉が硬くなると・・・どうしても骨盤の前側が開きやすくなるからです!

骨盤が開くことによって、連動して脚が外側に捻じれてしまいます。

それが原因で、ガニ股歩きへとなってしまいます・・・。

原因5:もも前の筋肉が硬い

もも前の筋肉が硬いと、ガニ股の原因になります。

なぜなら、もも前の筋肉に引っ張られて、骨盤が前傾するからです!

骨盤が前傾すると・・・反り腰になり、お腹が前に突き出るような姿勢へと発展します。

その結果! 脚が外側に捻じれ、ガニ股の原因になります。

原因6:内ももの筋肉が弱い

内ももの筋肉が弱い(ガニ股)

ガニ股歩きの原因には、内ももの筋肉も関係しております。

内ももの筋肉が弱い(柔らかい)と・・・股が開きやすくなり、外側の筋肉を優先的に使いやすくなります。

そうなってしまうと、重心も外側にかかってしまい、ガニ股歩きへと発展します。

ちなみに私は、何気ない姿勢が原因で! 股関節が柔らかくなり過ぎたため、内ももが弱く、ガニ股の原因になってしまいました・・・

原因7:足の裏に問題がある

ガニ股になるのは、足の裏にも関係があります。

たとえば、かかとが大きく内側に倒れると(回内)・・・

かかとが内側に倒れる(ガニ股)
  • 土踏まずが崩れて扁平足へんぺいそくになったり、足の親指が外側に向く外反母趾がいはんぼしになり、外側に重心がかかります。

反対に、かかとが大きく外側に倒れると(回外)・・・

かかとが外側に倒れる(ガニ股)
  • 土踏まずが高くなり(ハイアーチ)、膝の向きが外に開き、ガニ股になってしまいます。

ですから、ガニ股歩きになる原因は、足の裏も大きく関係しています。

以上、ガニ股歩きになる7つの原因についてでした。

最後に:ガニ股の原因(脚が外に捻じれ、膝が開き、外側に重心がかかる)

訪問者様いかがでしょうか?

ガニ股歩きの7つの原因について、知ることができましたでしょうか?

そもそもガニ股になる原因とは・・・

脚が外側に捻じれて(外旋がいせん)、膝が外に開くことが原因!

したがって、ガニ股を改善するには⁉

  • 脚を内側に捻じりつつ膝が開かないように閉じないといけません!!

最後まで、ご覧いただき誠にありがとうございました。

合わせて読みたい

いつも十代ブログをご覧いただき誠にありがとうございます。今回は、【悲報】股関節が柔らかすぎて損している3つのこと!何気ない姿勢に要注意?について、ご紹介させていただきます。・股関節が柔らかい方・股関節がとても硬い方・スト[…]

【悲報】股関節が柔らかすぎて損している3つのこと!何気ない姿勢に要注意?
スポンサーリンク
十代ブログの最新情報をチェックする!