炭水化物(糖質)を摂取するとどうなるの?「3つの効果」

いつも十代ブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

今回は、炭水化物(糖質)を摂取するとどうなるの?「3つの効果」について、ご紹介させていただきます。

訪問者様は「炭水化物」と「糖質」の違いをご存知でしょうか⁉

念のため、ご説明させていただきます。

  • 炭水化物 = 糖質 + 食物繊維
  • 糖質 = 炭水化物 - 食物繊維

つまり・・・炭水化物の中に糖質が含まれていることになります。
※炭水化物>糖質

ボデイメイクでとっても有名なRIZAPライザップでは、低糖質食事法ていとうしつしょくじほうによって糖質を制限することで、短期間で大幅に体重落とすことができます。

低糖質食事法:炭水化物を控える代わりにタンパク質を多く摂ること。

なぜ⁉ 糖質を制限するのか・・・

糖質を摂取するとどうなるのか?

今回は、炭水化物(糖質)を摂取するとどうなるの?について、ご紹介させていただきますので、どうぞご覧くださいませ。

スポンサーリンク

炭水化物(糖質)を摂取するとどうなるの?「3つの効果」

炭水化物(糖質)を摂取すると・・・

  1. 脳や筋肉の回復(エネルギー源)
  2. 太りやすくなる
  3. 急に眠たくなる

の効果があります。

それぞれの項目について、ご説明させていただきます。

効果1.脳や筋肉の回復(エネルギー源)

脳や筋肉の回復(エネルギー源)

炭水化物(糖質)は、ブドウ糖へと変化することで、脳や筋肉のエネルギー源となります。

よく耳にするのが、「勉強して疲れた時には、チョコレートなどの甘い物を食べると脳が回復する。」という内容です。

それと同じで、炭水化物(糖質)を摂取すると、脳や筋肉のエネルギーが補充されることで回復に繋がります。

効果2.太りやすくなる

太りやすくなる

炭水化物(糖質)を摂取すると、ブドウ糖をグリコーゲンとして、肝臓や筋肉に貯蔵します。

しかし! 肝臓や筋肉に貯蔵できるグリコーゲンの量は約400~500gとなります。

グリコーゲンの貯蔵量を超えると〇〇に変わる⁉

グリコーゲンの貯蔵量が超えてしまうと・・・グリコーゲンが「脂肪」へと変わります。

つまり・・・炭水化物(糖質)を摂取すると、太りやすくなります。

効果3.急に眠たくなる

急に眠たくなる

炭水化物(糖質)を摂取すると・・・血液中のブドウ糖が増え、血糖値が急上昇します。

すると!

急上昇した血糖値を調整するため、膵臓からインスリン(ホルモン)が分泌されます。

インスリンの5つの効果

インスリンには、次のような効果があります。

  1. 筋肉の合成を高める
  2. 脂肪の合成を促進し、脂肪の分解を抑制
  3. ブドウ糖を脂肪に変換して脂肪組織に貯蔵
  4. ブドウ糖をグリコーゲンに変換し、肝臓や筋肉に貯蔵
  5. 血液中のブドウ糖を細胞に送り込みエネルギー源に変換

これらの効果(作用)により、インスリンは上昇した血糖値を低下させることができます!

したがって、炭水化物(糖質)を摂取すると、血糖値の急上昇や急低下によって眠たくなるのです。

糖尿病について

もしもインスリンが不足してしまうと・・・血液中のブドウ糖がうまく細胞に送り込まれなくなり、血液中にブドウ糖があふれてしまうことで、「糖尿病とうにょうびょう」になるそうです。

まとめ:炭水化物を過剰摂取すると、太りやすくなる!

炭水化物を摂るとどうなるのか?をまとめます。

炭水化物:糖質 + 食物繊維
  1. 脳や筋肉の回復(エネルギー源)
  2. 太りやすくなる
    • グリコーゲンとして肝臓や筋肉に貯蔵
    • 貯蔵量(400~500g)を超えると脂肪
  3. 急に眠たくなる
    • 血糖値が急上昇し、インスリンが分泌され、血糖値が下がる
  • インスリンによる5つの効果
    1. 筋肉の合成を高める
    2. 脂肪の合成を促進し、脂肪の分解を抑制
    3. ブドウ糖を脂肪に変換して脂肪組織に貯蔵
    4. ブドウ糖をグリコーゲンに変換し、肝臓や筋肉に貯蔵
    5. 血液中のブドウ糖を細胞に送り込みエネルギー源に変換

以上、炭水化物(糖質)を摂取するとどうなるの?「3つの効果」についてでした。

訪問者様いかがでしょうか?

炭水化物(糖質)を摂取するとどうなるのか? ご理解できましたか⁉

もしも炭水化物を過剰に摂取すると・・・

太りやすくなる!

最後まで、ご覧いただき誠にありがとうございました。

炭水化物(糖質)を摂取するとどうなるの?
最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク