歯が汚い?黄ばむ原因と対策方法!


いつも十代ブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

今回は、歯が汚い?黄ばむ原因と対策方法!について、ご紹介させていただきます。


訪問者様は、ご自身の歯の表面の色が気になったことはありますか?


私は、虫歯の痛みは気になりますが、歯の表面の色はないですね!


しかし、私の友人は、歯は白いのですが、色にムラがあり、気になると言うことでホワイトニング中です。


今回は、ホワイトニングに行く前に!黄ばむ原因を知り、自己対策をしていただこうと思い、この記事を作成させていただきますので、どうぞご覧くださいませ。
※歯医者さんから聞いたことや調べたことを参考にしております。

スポンサーリンク

黄ばみの原因

黄ばみの原因


黄ばみの原因は、次のようなことが考えられます。

  • 歯の虫歯菌によるもの
  • 嗜好品しこうひんや飲食物による着色
  • 正しい歯磨きができていない
  • 生まれつきや年齢によるもの

となります。


これらの中で、改善できる点は、

  • 嗜好品しこうひんや飲食物
  • 正しい歯磨きの方法

となりますね!


それでは、それぞれの項目について、ご説明させていただきます。

着色しやすい嗜好品や飲食物

着色しやすい嗜好品や飲食物


歯に着色しやすい嗜好品や飲食物は、次の通りです。

  • 紅茶
  • 煙草
  • カレー
  • コーラ
  • パスタ(トマト系)
  • 焼き鳥(タレ)
  • 焼きそば
  • 赤ワイン
  • コーヒー
  • チョコレート

となります。
※もちろん、他にもありますよ。

これらを「我慢する!」と言うのではありません。

  • これらを食べる前と後が重要です!


それでは、歯の黄ばみの対策方法をどうぞご覧くださいませ。

スポンサーリンク

黄ばみの対策方法

黄ばみの対策方法


黄ばみの対策方法は、次の通りです。

  • よく噛むこと(唾液の分泌)
  • ストローを使う
  • 食前食後のうがい
  • 正しい方法で歯を磨く
  • キシリトールガムを噛む(砂糖不使用)

となります。


よく噛むこと(唾液の分泌)やうがいを行うには理由があります!


それは、

  • 歯の表面が乾いていると着色しやすく、また、歯の表面に汚れが付着し続けると着色の原因となるため、唾液やうがいが大切となります!


したがって、歯に着色しやすいものを摂取する際は、食べる前と後にお水でしっかりとうがいを行い、正しい方法で歯磨きをしましょう!


なお、歯磨きにあっては、

をどうぞご覧くださいませ。

注意点


歯の清潔さを保つために行っていることが、逆効果になるかも知れませんよ?


しっかりと注意点を確認していきましょう!


注意点は、次の通りです。

  • 毛先がかための歯ブラシの使用
  • 粒子の粒が大きい歯磨き粉の使用(塩や重曹を含む)

となります。


毛先がかための歯ブラシを使用すると、

  • しっかりと歯の表面の汚れを落とすことができますが、歯の表面を傷つけ、着色しやすくなる原因となります。



粒子の粒が大きい歯磨き粉を使用すると

  • 粒子の粒が大きい分しっかりと磨けますが、その影響により、歯の表面が傷つき、着色しやすくなる原因にもなります。(塩や重曹も含む)


まとめ


黄ばみの原因や対策方法のまとめは、次の通りです。

  • 黄ばみの原因
    • 虫歯菌
    • 歯磨きの方法
    • 嗜好品や飲食物
    • 生まれつきや年齢
  • 対策方法
    • よく噛むこと
    • 食前食後のうがい
    • 正しい方法での歯磨き

となりました。


以上、歯が汚い?黄ばむ原因と対策方法!についてでした。

最後に


訪問者様いかがでしょうか?

歯の黄ばみの原因や対策を知ることができましたでしょうか?


ちなみに、私のお食事は、ほぼ毎日カレーとなります。

さらに、そのカレーの中には、隠し味としてコーヒーも加えております。


・・・


歯の黄ばみを対策するのは、なかなか、難しいですね!?



最後まで、ご覧いただき誠にありがとうございました。


歯の記事一覧は、

をどうぞご覧くださいませ。

スポンサーリンク
歯が汚い?黄ばむ原因と対策方法!
十代ブログの最新情報をチェックする!