【いびき】放っておいても大丈夫?危険なサイン!?


いつも十代ブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

今回は、【いびき】放っておいても大丈夫?危険なサイン!?について、ご紹介させていただきます。


訪問者様は、いびきをかきますか?

それとも、ご家族やご友人の方がかきますか?


私は、凄まじい爆音のいびきをかきます!


今回は、そんな私が、いびきの危険性について調べてみましたので、どうぞご覧くださいませ。
※私は、いびきに関する専門家やお医者さんではありませんのでご理解願います。

スポンサーリンク

いびきからわかること

いびきからわかること


いびきからわかることは、睡眠時無呼吸症候群すいみんじむこきゅうしょうこうぐん前兆ぜんちょうだそうです。

睡眠時無呼吸症候群とは!?

睡眠時無呼吸症候群とは!?


睡眠時無呼吸症候群とは!?

  • 睡眠中、喉の奥の気道が塞がれることにより、無呼吸状態が連続する病気だそうです。


詳しくは、次の引用文をどうぞご覧くださいませ。

引用文:医学的には、10秒以上の気流(気道の空気の流れ)停止が「無呼吸」であり、無呼吸が一晩(7時間の睡眠中)に30回以上、もしくは1時間に5回以上見られることが睡眠時無呼吸、呼吸が停止しなくても、血液中の酸素濃度が低下した状態が低呼吸とされています。

引用元:同友会グループ


なお、別名は、

  • SAS(Sleep Apnea Sydrome)

と呼ばれるそうだ。

スポンサーリンク

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の原因


睡眠時無呼吸症候群の原因は、次の通りだそうです。

  • 加齢
  • 喫煙
  • 肥満体型
  • 鼻づまり
  • 舌根沈下ぜっこんちんか
  • あごが小さい
  • アルコール類の摂取

これらの原因により、喉の奥の気道を狭めることで、睡眠時のいびきや無呼吸を発生させるそうです。

主な症状について


睡眠時無呼吸症候群は、自分ではわかりにくいため、次のような症状があれば注意していただきたい。

  • いつも眠たい
  • 大きないびきをかく
  • 起床時に身体がだるい
  • 起床時、口の中が乾燥
  • 深夜に何度も目を覚ます
  • いくら寝ても疲れが取れない

となります。

もし、これらの項目に該当するようでしたら、一度、病院で診察してみてくださいね。

いびきが及ぼす影響


睡眠中に無呼吸状態が続くことで、心臓や身体全身に大きな負担をかけることにより、次のような合併症を引き起こすかも知れないそうです。

  • 糖尿病
  • 脳卒中
  • 不整脈
  • 心不全
  • 心筋梗塞
  • 睡眠障害

となります。

さらに、これらの他にも恐ろしいことが起きるそうです。

それは、十分な睡眠が摂れないことにより、車の運転中に突然、睡魔におそわれることもあるそうです。

その影響で、実際に交通事故を引き起こしているそうです。


以上、【いびき】放っておいても大丈夫?危険なサイン!?についてでした。

最後に


訪問者様いかがでしょうか?


ただのいびきでも、放っておくと命を落としかねない危険なことにつながるそうですよ。


もちろん、私はとても心配しております。


したがって、私の場合は、自分でできる範囲のいびき対策を実践しております。


それでも、睡眠時に連続して無呼吸が起こるのであれば、病院で診察してもらいます。


最後まで、ご覧いただき誠にありがとうございました。


いびきの記事一覧は、

をどうぞご覧くださいませ。

スポンサーリンク
【いびき】放っておいても大丈夫?危険なサイン!?
十代ブログの最新情報をチェックする!