節水に挑戦した内容(一覧)


いつも十代ブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

今回は、節水に挑戦した内容(一覧)について、ご紹介させていただきます。


訪問者様は、節水に挑戦されていますか?


現在の私は、無職で引きこもり生活です。

ですから、少しでも消費を少なくするために、家計の見直しをしてみることにしました。

そこで、節水に挑戦することにしました。


その時の体験エピソードを記事にしました。


訪問者様に見やすいように、作成した記事の内容(一覧)をこのページにまとめさせていただきましたので、どうぞご覧くださいませ。

スポンサーリンク

水道代1ℓ(リットル)いくら?


水道代1ℓ(リットル)はいくらかについて、調べてみました。
※各都道府県で違います。

引用文:水道料金 1立方メートル = 1,000リットル = 約104円(税込) ※ 1リットルあたり約0.1円

引用元:大阪市ホームページ

との内容でした。

しかし、大阪市の水道料金は、大都市の中でもっとも安いみたいです。


ですから、計算がしやすいように、

  • 1ℓ(リットル)約0.2円とします!

水道水の使用割合


まず最初に、各ご家庭の水道水の使用割合について、調べてみました。
※各ご家庭により、水道水の使用割合に違いはあると思います。

すると、このような画像を発見しましたので、どうぞご覧くださいませ。

出典:東京都水道局

出典:東京都水道局


上記の内容を元に、ランキングは次のようになりました。

水道水使用量のランキング


万が一、画像が見えなかった方のために、再度、ご紹介させていただきます。

  • 第1位:お風呂
  • 第2位:お手洗い(トイレ)
  • 第3位:食器洗い(炊事など)
  • 第4位:お洗濯
  • 第5位:洗面・その他

となっております。

それでは、このランキングの順位に沿って、ご紹介させていただきます。

第1位:お風呂

お風呂編


ランキング第1位のお風呂です。

たぶん、各ご家庭で一番水道水を利用されているのは、お風呂ですよね!?

お風呂の節約についての詳細は、

をどうぞご覧下さいませ。

第2位:お手洗い(トイレ)

お手洗い編


ランキング第2位のお手洗い(トイレ)です。

訪問者様、この第2位について、どう思われましたか?

私の一個人の意見としては、第2位は洗濯だと思っておりました。


もしかしたら、各ご家庭により違いはあるかも知れませんね。


お手洗い(トイレ)の節約についての詳細は、

をどうぞご覧下さいませ。

第3位:食器洗い(炊事など)

洗い物(食器洗い)編


ランキング第3位の食器洗い(炊事など)です。

洗い物は、特に女性の方なら手荒れの原因にもなりますね。

ゴム手袋を装着したりして、しっかり対策されてくださいね。


食器洗い(炊事など)の節約についての詳細は、

をどうぞご覧下さいませ。

第4位:お洗濯

お洗濯編


ランキング第4位のお洗濯です。

お洗濯は、天候に左右されることやお洗濯を干すのを忘れたりと、とても大変ですよね。

しかし、

  • 生活するうえで欠かせない作業の一つとなります。


実際、自分自身で洗濯をすると、今まで家族にとても甘えていたことがわかります。

いつも、お洗濯や乾いた洗濯物をきれいに畳んで下さり、ありがとうございました。
※何となく、感謝を伝えたくなりました。


お洗濯の節約についての詳細は、

をどうぞご覧下さいませ。

第5位:洗面・その他

洗面・その他


ランキング第5位の洗面・その他です。


私は、寒い時期の洗面にあっては、お水が温まるまでに時間がかかるので、冷水でお顔を洗っています。


洗面・その他の節約についての詳細は、

をどうぞご覧下さいませ。

番外編


節水に挑戦してみた番外編は、次の通りです。

をどうぞご覧くださいませ。

最後に

挑戦


私が節水に挑戦した一番の理由は、消費を減らしたいという強い気持ちからです。

現在の私は、ブロガーとしての収入はありません。(2019年4月10日現在)あります。

詳しい内容は、

をどうぞご覧くださいませ。

  • 稼ぐことができないのなら、無駄遣いなどの出費を抑えようと考え、行動しております。



私は、今までの生活がとても贅沢ぜいたくでした。


もちろん、今のブログ生活も贅沢ぜいたくです。
※大変、申し訳ございません。

その恵まれている環境にまったく気付けなかったのです。

いつも自分自身に甘え、欲しいものがあれば、すぐに購入していました。

また、無駄遣いに気付いても、働いて稼いだら良いと思い行動することができていませんでした。

しかし、今はしっかりと自分自身を見つめ直し、無駄な出費なるべく抑えようと行動しております。


もし、同じように自分自身をコントロールできず、贅沢な生活をしていたら、この記事を見直し、再度、気持ちを改めれるようにお守りとします。


訪問者様もこの記事をきっかけに、何か新たな生活習慣を取り入れてみてください。

ちなみに、貯金もダイエットも似ているところがあります。

  • ほんの少しのまあいいっか!


その自分自身の甘さから、無駄遣いをしたり、必要以上にたくさん食べたり、その結果、貯金もダイエットできないのです。


したがって、

  • ほんの少しのまあいいっか!をほんの少しやってみよう!

に意識を変えてみてください。


最後まで、ご覧いただき誠にありがとうございました。

もし宜しければ、

をどうぞご覧くださいませ。

節水に挑戦
最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク