【ライザップ】ホスピタリティーNO1!世界一のおもてなし

皆様、お元気様です。(おげんきさまです)

いつも十代ブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

今回は、【ライザップ】ホスピタリティーNO1!世界一のおもてなしについて、ご紹介させていただきます。

訪問者様は、ご存知でしょうか⁉

  • RIZAPでは、お客様に心の底から感動していただくことを目標としています!(ホスピタリティーNo1!!)

ですから、研修期間中、1度だけ、女性の部外講師による社会人マナーの基本を学ばなければいけない・・・。

その内容は、女性カウンセラーや女性トレーナーを泣かせるほど厳しい内容でした。

その時の記憶を頑張って呼び起こしながら、本記事を作成していきますので、どうぞご覧くださいませ。

スポンサーリンク

ホスピタリティーNO1(世界一のおもてなし)

ホスピタリティーNO1

その講師の方は、マナーを教えるにあたって、かなり有名な方らしい。

たまたま、その場に居合わせた他店舗の研修生は、前職が美容師だったそうだ。

美容師時代に、その部外講師の講義を受けたことがあるそうだ。

また、テレビにも出演されるくらい、有名人とのことだった。

もちろん、私は初めてお目にする方であり、どこの馬の骨かもわからなかった。

その講師の方は、「立派な社会人であるためには、マナーを身につけないといけません。また、RIZAPは、ホスピタリティーNO1を目指しております。」と当然のように言った。

ところで、ホスピタリティーとは一体何のこと!?

ホスピタリティーとは!?

ラテン語の「hospes=ホスピス(客人の保護者)」から派生したようです。

意味は、お客様であるゲストを心からおもてなし、ゲストに幸せを提供することで、感謝が返ってくるとの内容でした。
※4年前のことですので、記憶が曖昧です。

簡単にご説明しますと、

  • 心を込めて、ゲスト(お客様)に感動を与えるサービスの提供のことです。

魔法の言葉「お元気様です(おげんきさまです)」

魔法の言葉

その講師は、挨拶の際、「皆様、お元気様です。(おげんきさまです)」と言った。

「お元気様です。」という言葉は、ライザップの関係者なら誰もが使っている挨拶だと思います。

「お疲れ様です。」という言葉は、とても疲れている人に対する労いの言葉。

ですから、場合によれば、お声を掛けた相手に「お疲れ」というネガティブなイメージを与えてしまうとのことです。

その点、「お元気様です。」という言葉は、「元気」という言葉が含まれており、どんな時でも使え、さらに、お声を掛けた相手がポジティブになる魔法の言葉!

したがって、今回は冒頭での挨拶として、使ってみました。

お気づきになりましたでしょうか?

笑顔の練習(あなた!笑っていない)

その講師は、笑顔の練習の際、

  • そこのあなた! 笑っていない。

を200回以上、言っていました。

なぜなら、その講師の方には、熱い願望があったのです!

それは、「ホスピタリティーNO1を目指すのに、たった一日では体得できません。ですから! 1日でも早く身につけれるようになっていただかないと大変困ります。そのためにもっとも基本となることは、笑顔で接することですよ!」とのことだった。

理想の笑顔とは!?

そして、その理想の笑顔とは!?

その講師は、「笑顔とは、歯を見せてにっこり笑うことですよ。」と言った。

それから、笑顔の練習が1時間以上も続いたのだった…………。

笑顔

その講師は、「上の歯、下の歯、そして、目、心から笑いましょう!サンハイ!」と口を酸っぱくして注意していた。

この笑顔の練習中、その講師は、

  • そこのあなた!! まったく笑っていない、はい、笑顔ですよ~。サンハイ!

と笑顔が苦手な人を集中的に狙っていた・・・。

すると、講義を受ける数人の女性トレーナーや女性カウンセラーは、泣いていた。

  • しかし!! 泣いている女性に対しても容赦ようしゃしない!

その講師は、「そこのあなた~・・・何が悲しいの? そのような姿では、ホスピタリティーNO1は目指せません。あなたは! それでもライザップを志す方なのですか? はい。にっこり笑って~! サンハイ!」と繰り返していた。

そして、笑顔の練習は、無事に終えました。

人生で2人目の偉業を成し遂げる

私はあることをした結果、その講師から絶賛された。

それは、休憩時間中での出来事だった。

私は、次の講義で使用するホワイトボードに文字が残っていたため、その講師に断りを入れてから、きれいにすることにした。

ホワイトボード

すると、その講師は、「あ、あなた、とても素晴らしいわ!! お名前はなんとおっしゃいますか!?」と聞かれた。

私は、「十代 和大(じゅうだい かずひろ)」と申します。と、笑顔で答えました!

その講師は、「十代!? 珍しい名前ね。あなたは、私の人生において2人目に素晴らしいことをしました!! 絶対に忘れません。」と褒めていただきました。

さらに、講義終了の際も、私のことを褒めてくださり、最後は笑顔で握手を交わしました。

しっかり名前を忘れられた!

私は、講義を受けてから約1年経った頃、RIZAP(ライザップ)の全体研修で、あの時の講師にお会いした。

私は、皆が避ける中、笑顔で近づき挨拶をしました。
※ほとんどの方は、指導されるのが苦手で避けていました。

その講師は、

  • あ~~~あ! あの時の!! 山口さん!?

私は、

  • ・・・

と驚きのあまりに言葉を失いました。

その講師は、「お名前ちょうだいしてもよろしいかしら??」と言ったので、笑顔で答えた。

すると、その講師は、「そうだわ! 思い出しました。あの時の十代君ね!
と、しっかり忘れられていました。

以上、【ライザップ】ホスピタリティーNO1!世界一のおもてなしについてでした。

なお、他にもこの研修で学んだことは、次の通りです。

  • 言葉遣い
  • 電話対応
  • 名刺交換
  • お辞儀の角度や姿勢
  • 前で手を組む際の注意点

これらのこともしっかり学びました。

最後に

私は、おもてなしの研修が大好きでした。

また、その研修の場を用意して下さる「ライザップ」も大好きでした。

  • なぜなら、厳しい社会人マナーを学びながら、お給料もいただける幸せ。

ほんとに、こんなことありえません。

ライザップがホスピタリティーNO1にかける思いは、本気だと知りました。

最後まで、ご覧いただき誠にありがとうございました。

関連記事

いつも十代ブログをご覧いただき誠にありがとうございます。今回は、RIZAP(ライザップ)パーソナルトレーナーの仕事内容(一覧)について、ご紹介させていただきます。私は、警察官を辞めてから、RIZAPで働く友人に誘われたのが[…]

RIZAP仕事内容(一覧)
RIZAP(ライザップ)研修【おもてなし編】
最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク