【悲報】Q feverのパッチテストを受けた結果!患部が大きく腫れた

いつも十代ブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

今回は、【悲報】Q feverのパッチテストを受けた結果!患部が大きく腫れたについて、ご紹介させていただきます。

訪問者様は、これからミートファクトリーなどでお仕事される方ですか?

私は、ミートファクトリーでガッツリ稼ぎたいと思い、牛による感染症を防ぐため、Q feverといわれるワクチン接種を打つことになりました。

今回は、私がQ feverのパッチテストを受けた時の出来事をご紹介させていただきますので、どうぞご覧くださいませ。

スポンサーリンク

病院でQ feverのパッチテスト!

病院でQ feverのパッチテスト!

私は、病院でQ feverのワクチン接種の前にパッチテストが行われた!

どうやら、Q feverのワクチンを打つ前に、私の身体がその病原体と交わることで、どのような症状を引き起こすか? 確認検査があった。

私は、右腕の前腕にある太い血管にワクチンを注射された。

特に問題なく、約10秒ほどで作業は終わった。

30分後、採血

私はパッチテスト後、別室でおよそ30分経過するも、特に変わった症状は現れなかった。

病院の先生からは、「身体の具合や体調に異変はあるか?」などの質問を受けた。

私は、「まったく問題ない。」と素直に返答した。

すると、先ほどの先生に代わり・・・若い女性の先生がやってきた!!

  • その女性の先生は、見るからに緊張していた!

私は、少し不安があったものの採血するくらいだから、大丈夫だと自分を納得させた。

そして、採血するための準備作業に取り掛かった。

若い女医は、私の腕の血を止めるため、ゴムチューブのようなもので上腕部を縛った。

これまた! かなり強く縛られたため、指先に若干のしびれを感じたが、かなり血管が浮き上がった。

この時点で、さっきの人に代わってほしかったが、軽く血を抜くくらい大したことないと自分に言い聞かせた。

しかし!! この採血がかなり大変なことになるのであった。

何回、刺すの?

若い女医は、アルコールを湿らせたガーゼで注射する部分を念入りに拭いていた。

この作業だけで、先生の手はかなり震えていた!

私も緊張すると手が震えるため、リラックスしていただくように会話をした!

すると、先生は、

  • 大丈夫! 怖くないわよ。私はなんども経験してきたのよ!! 安心してちょうだい・・・。

と私が注射を怖がっていると思われていた。

いざ! 採血のために、右の前腕部に注射を刺すもうまくいかない・・・!

針を抜いては、アルコールを湿らせたガーゼで患部を消毒。

再び、注射を刺す!

また、失敗したため、患部をガーゼで消毒。

  • この作業を4回繰り返すも、うまくいかない……

採血の様子をず~っと見ていた先生が、お手本代わりに、「見ててごらん。こうやるのよ!」と一発で成功した。

  • 私は、やっとの思いで、この前腕の痛みと指先の痺れが解放されると安心した・・・(えぇ? もしかして、まだやるの⁉)

しかし、なぜか1本では足りないのか?

作業続行するのであった!

どうやら、もう1本分の血液が必要とのことであった。

私は心の中で、ベテランの先生にやってもらえるように願ったものの思いは届かなかった。

再び、さっきの若い女医に代わった・・・。

先生は、私の顔を見るや否や、「大丈夫。気にしないで! 次はすべてうまくいく!」と苦笑いしていた。

そして、再び、採血が始まった。

もちろん、私の前腕部に注射を刺すも、あえなく失敗!

私は、ふと疑問に思った。

それは、

  • なんで? 俺が実験台になっているのか⁉ どうみても、かなり血管見えてるやん!

それでも、作業は続いた。

患部をガーゼで消毒し直して、再び、注射を刺した結果。

  • ついに、成功した!

ベテランの先生は、

  • 素晴らしい!! よくやったわ! あなたはスーパードクターよ!

と若い女医を絶賛ぜっさんしていた。(そんなことよりも、早く終わらしてくれと心の中で願う。)

今度こそ! ゴムチューブの痛みと手の痺れから解放されたのであった。

緊張が消え、笑顔が浮かぶ若い女医からは、「次回、ワクチン検査の時は、簡単だから安心してね!」と白い歯を見せていた・・・。

Q feverのパッチテストの金額

Q feverのパッチテストの金額

Q feverのパッチテストの金額は、$207!

会計を済ませ、次回の予約を行った!

その後、患部が腫れる!

私は、病院の帰り道、右の前腕を確認したところ、内出血がひどかった。

おまけに、ぷっくらと大きく腫れていたのであった。
※イメージは、一回り小さいゴルフボールくらいの大きさです。

腫れ・痛み・内出血が治るのに、5日間ほど時間を要したのであった。

以上、【悲報】Q feverのパッチテストを受けた結果!患部が大きく腫れたについてでした。

最後に

訪問者様いかがでしょうか?

献血や採血の際、何度も注射を失敗されたことはありますか?

私は、過去に2度の献血を受けるも、今回と同じような被害に遭いました。

  • こればっかりは、自分の運が影響していますね!

最後まで、ご覧いただき誠にありがとうございました。

関連記事

いつも十代ブログをご覧いただき誠にありがとうございます。今回は、ミートファクトリーに関する内容(一覧)について、ご紹介させていただきます。訪問者様は、ミートファクトリーに興味はありますか?私は、オーストラリアでワーキングホリデービザとして[…]

ミートファクトリーに関する内容(一覧)
スポンサーリンク
【悲報】Q feverのパッチテストを受けた結果!患部が大きく腫れた
最新情報をチェックしよう!