警察官のあるある体験9選!【パトカー編】

いつも十代ブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

今回は、警察官のあるある体験9選!【パトカー編】について、ご紹介させていただきます。

訪問者様は、街中でパトカーを発見した際、どんな気持ちになりますか?

私は、警察官の時ですら、パトカーを発見すると、

  • ドキッ!

としました。

今回は、パトカーに乗っている側はどう思っているのか? などのあるあるをご紹介させていただきますので、どうぞご覧くださいませ。
※現役警察官からいろいろ聞いてみました。

スポンサーリンク

警察官のあるある体験9選!【パトカー編】

警察官のあるある体験【パトカー編】については、次の通りです。

  1. 交番勤務員に会いに行く
  2. 誤ってサイレンを鳴らす
  3. 無線と拡声器を間違える
  4. 拡声器の使い方がおかしい
  5. 拡声器の声が聞き取りずらい
  6. 同じ交差点を何度もグルグル回る
  7. 緊急走行時に性格がガラリと変わる
  8. パトカーを見ると不審な動きをする
  9. 小さい子供が嬉しそうに手を振ってくれる

となります。

それぞれの項目について、ご説明させていただきます。

体験1:交番勤務員に会いに行く

パトカーで勤務をしていると、交番勤務員に会いに行く時があります。

それは、どうしても・・・お手洗いに行きたくなった場合。

また、事案が多く、人手が足りない交番などは、パトカーが待機するそうだ。

スポンサーリンク

体験2:誤ってサイレンを鳴らす

誤ってサイレンを鳴らす

誤ってサイレンを鳴らす!

どうやら、パトカーの助手席の足元には、サイレンを鳴らすためのペダルがあるそうです。

そのペダルをうっかり踏んでしまうと・・・突然! サイレンが鳴るそうです。

なお、そのミスを防ぐには、パトカーに設置されている足踏みボタンを無効にすると防げるそうです。

体験3:無線と拡声器を間違える

無線と拡声器を間違える

パトカーには、無線と拡声器があり、それらの使用を誤ることが結構あるそうです。

たとえば、拡声器と間違えて無線で、

  • 前の車左に寄せて停めてください!

と言っても、まったく前の車は停まりません。

それどころか、その内容を様々な警察官に聞かれるのです!

これは、かなり恥ずかしいそうです。

反対に、無線と間違えて拡声器で、

  • ○○1です。どうぞ!

というと、一般市民の方が「ビクッ!」となって、一斉にパトカーの方を見るそうです・・・。

このハプニングも恥ずかしいそうです。

体験4:拡声器の使い方がおかしい

拡声器の使い方がおかしい

新人の頃に、よくあるハプニングとしては、上司である先輩が、

  • 前の車左に寄せて停まるように言って。

と拡声器で言うように指示を出します。

あろうことか、その文言をまるっきりそのまま拡声器で、

  • 前の車左に寄せて停まるように言って。

と拡声器で言うそうだ。

他にも、先輩が、

  • あの歩行者信号無視してるから注意して!

と指示を出したところ、

  • え~~~歩行者信号無視。注意しよう!

などと、少し文言がおかしくなるそうです。

これらのハプニングは、新人の頃によくあるそうです!

体験5:拡声器の声が聞き取りずらい

拡声器の声が聞き取りずらい

友人がとある先輩と勤務した時の出来事です。

その先輩は、滑舌が悪く、普段から何を言っているかまったく理解できなかったそうだ。

そして、友人は、その滑舌が悪い先輩とパトロールしていたところ、交通違反車両を発見!

すぐさまサイレンを鳴らし、その先輩が拡声器で注意するも、違反車両はまったく停まらない。

先輩は、諦めることなく、拡声器に向かって、

  • えぇ~~~まぇえのぉっくりゅまとぉまってくだ!(前の車停まってください。)

と癖のある日本語と拡声器の使い方にも癖があったのだ。

もちろん、違反車両は停まらない!!

したがって、友人は、その先輩と勤務する際、無線や拡声器などすべて任されるそうだ。

体験6:同じ交差点を何度もグルグル回る

同じ交差点を何度もグルグル回る

パトカーに乗っていると、同じ交差点を何度もグルグル回る時もあるそうだ。

友人は、パトカーに乗っているはずなのに・・・F1のレースカーに乗っているのかと勘違いするくらいだった。

ひどい時は、100周を超えるそうだ。

体験7:緊急走行時に性格がガラリと変わる

緊急走行時に性格がガラリと変わる

緊急走行時に性格が変わる警察官は、割と多いそうだ。

特に!! 普段から気が弱そうな人ほど、緊急走行時に性格が大きく変わるそうだ!

たとえば、普段なら、

  • 前の車の運転手の方、左側に車を寄せて停めてくださいね。

と優しいのだが、緊急走行時は、

  • ゴォォォラァァァ!! 前の車、停まれ! 停まらんか!

とギャップがすごいそうです。

体験8:パトカーを見ると不審な動きをする

パトカーを見ると不審な動きをする

警察官の友人! 全員が口を揃えて言うのは、

  • パトカーを見ると不審な動きをする人

が多くいるとのことでした。

不審な動きとは!?

不審な動きとは!?

たとえば、

  • 頭を下げたり、進行方向を変えたり、にらんできたり

などあるそうです。

すると、不審な点から職務質問に発展するそうです。

したがって、訪問者様の中で、職務質問の経験がある方は、少し怪しい挙動をされているかも知れませんね⁉
※もちろん、ほかにも理由はありますよ。

体験9:小さい子供が嬉しそうに手を振ってくれる

小さい子供が嬉しそうに手を振ってくれる

パトカーに乗っていると、小さい子供達が嬉しそうに手を振ってくれるそうだ。

それもそのはず、小学生が将来なりたい職業ランキング5位以内に、警察官が登場するくらいですから。
※2015年くらいのこと。

以上、警察官のあるある体験9選!【パトカー編】についてでした。

最後に

訪問者様いかがでしょうか?

あの交通違反などを取り締まるパトカーであっても、様々なミスを犯すのです。

  • それは、同じ人間だからです。

警察官は、

  • 市民の安全、安心、笑顔を作る街づくりのため、日々、汗を流しながら一生懸命に業務をこなしておりますので、応援のほど宜しくお願いいたします。

最後まで、ご覧いただき誠にありがとうございました。

関連記事

いつも十代ブログをご覧いただき誠にありがとうございます。今回は、警察官の仕事内容(一覧)について、ご紹介させていただきます。私は、消防士になりたくて公務員試験の勉強をしましたが・・・!残念ながら、消防士になることが[…]

警察官の仕事内容(一覧)
スポンサーリンク
警察官あるある!【パトカー編】
十代ブログの最新情報をチェックする!