配達ルートの覚え方!新聞配達員


いつも十代ブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

今回は、配達ルートの覚え方!新聞配達員について、ご紹介させていただきます。

訪問者様、このページに辿たどり着いたということは、新聞配達員ですよね!?

そして、配達ルートを覚えるのに心配されていますか?


私は、中学3年生の頃、約8ヵ月間、新聞配達のアルバイトをしておりました。


初めての配達時間は、2時間以上かかりました。


しかし、配達ルートを覚えることで、1時間半以内に配達できるようになりました。

今回は、私が新聞配達のルートを覚えるために実践したことをご紹介させていただきますので、どうぞご覧くださいませ。
※自分に合った方法が見つかると良いですね。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

配達ルート覚えるコツ!


配達ルートを覚えるコツは、次の通りです。

  1. 配達先名簿を覚える
  2. 新聞の種類や部数を覚える
  3. ポストの位置や形を覚える
  4. 勤務時間外に想像で配達する

となります。

それぞれの項目について、ご説明させていただきます。

配達先名簿を覚える

メモ帳


私が新聞配達を始めた頃は、配達先名簿(メモ帳)を常に携帯していました。

そして、配達中、配達先のお名前と新聞の種類を何度も口遊くちずさんでいました。

たとえば、高橋さんのお宅に朝刊1部だとします。

その場合、私は、

  • 高橋さんは普通。しかし、家は立派な平屋建て。

などと自分なりの方法で記憶していました。

すると、次第にメモ帳を見なくても、

  • 次は、ポストが小さい、普通の宮本さん。

と自然と「場所・配達先のお名前・新聞の種類」が言えるようになっていた。

そのことに気付いた私は、

  • 自分自身を褒めた。


そして、何度も反復していった。

まるで、歌を暗記するかのように。
※私は音痴ですよ。

その結果、配達先名簿に頼らなくても、ルートも覚えることができました。

新聞の種類や部数を覚える

新聞の種類や部数を覚える


次のステップは、配達先名簿を見る前に、配る新聞の種類や部数を言い当てる練習をしました。

私の営業所では、次の3種類の新聞がありました。

  1. 産経新聞
  2. スポーツ新聞
  3. 株式の新聞(毎週水曜日)

となります。

そのため、私は新聞配達中に、自分自身にクイズを出していた。

そして、その問題に正解すると、自分自身を褒めた。

私は、いつも心の中で、

  • やっぱり俺はなんでもできる!

と言い聞かせた。


その結果、いつの間にか!新聞の種類を覚えていたのであった。

ポストの位置や形を覚える

ポストの位置や形


次のステップは、ポストの位置や形を覚えることにしました。

その方法は、

  • ポストに投函する前に、どんなポストかを思い出してから、投函する際に確認する方法でした。


新聞配達は、単純な作業の繰り返しです。

しかし、意識して行動すれば、新しい思考や発見ができます。


その中でも、ポストの位置や形を覚えるのをおすすめしています。


なぜなら、

  • 配達時間の短縮になるからです!


ポストの位置や形を覚えることにより、配る新聞の種類や部数だけでなく、ポストに応じた新聞の折り方まで覚えることができるからだ。


したがって、ポストの位置や形を意識して覚えることで、配達ルートも自然と覚えることができました。

勤務時間外に想像で配達する


私は仕事を終えた後も、頭の中でもう一度!新聞配達を行います。


やはり、記憶するためには、反復作業の繰り返しです。

または、 仕事中での出来事など、家族や友人に話しすることで自然と思い出すこともできますよ。

まとめ


配達ルートを覚えるコツをまとめさせていただきます。

  1. 配達先名簿を覚える
  2. 新聞の種類を覚える
  3. ポストの位置や形を覚える
  4. 勤務時間外に想像で配達する

となります。

私は、これらの方法を行うことで、1週間も経たないうちに、

  • 配達ルート
  • 全ての配達先
  • 配る新聞の種類や部数
  • 投函するポストの位置や形

を覚えることができました。


すると、配達時間が短くなり、どんどん仕事が楽になりました。


以上、配達ルートの覚え方!新聞配達員についてでした。

最後に


訪問者様いかがでしょうか?


配達ルートを覚えるには、

  • とにかく!数をこなすこと


そして、自分に合った方法を見つけることが一番の近道かも知れません。


最後まで、ご覧いただき誠にありがとうございました。


新聞配達の記事一覧は、

をどうぞご覧くださいませ。

配達ルートの覚え方
最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク