【大変】雨の日の新聞配達に必要なアイテム5つとテクニック

いつも十代ブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

今回は、【大変】雨の日の新聞配達に必要なアイテム5つとテクニックについて、ご紹介させていただきます。

訪問者様、新聞配達員にとって、風雨が強い日は・・・とても嫌になりますよ!

私が働いていた頃、雨の日は、少しテンションが低くなりました。

しかし私は・・・

  • レインコートを着て、長靴をくと気持ちは変わり、雨の日でも早く配達することができるのか・・・?

と自問自答していました。

そして、その答えを出すために、雨の日でも、自分自身と戦っていました!!

今回は、そんな雨の日の新聞配達について、ご紹介させていただきますので、どうぞご覧くださいませ。

スポンサーリンク

雨の日の新聞配達に必要なアイテム5つ

雨の日の新聞配達に必要なアイテム

雨の日の配達作業に必要なアイテムは、次の通りです。

  1. 長靴
  2. 手袋
  3. ライト
  4. レインコート
  5. ジップロック

の5つとなります。

雨具は、必須ひっすです。

  • なぜなら、長時間の雨に打たれながら、お仕事を行うと・・・風邪を引いたりして、次の日に影響をおよぼすことがあるからです!

ほとんどの営業所では、人手不足で困っております・・・。

したがって、必ず雨具を用意し、防寒対策を行いましょう。

なお、私は初給料で雨具を購入しました。

関連記事

いつも十代ブログをご覧いただき誠にありがとうございます。今回は、【初給料】3日分の新聞配達のアルバイト結果について、ご紹介させていただきます。訪問者様は、人生初めてのアルバイトやお仕事の給料は、いくらでしたか?私は、後で発表させていただき[…]

【初給料】3日分の新聞配達のアルバイト結果

それでは、先ほどの5つの項目について、ご説明させていただきます。

アイテム1:長靴

長靴は、あると大変便利ですよ!

私は、レインコートの丈を考え、短い長靴を選んでいました。

もし宜しければ、次の商品を参考にしてください!

▼ オススメの短い長靴!!

スポンサーリンク

アイテム2:手袋

防寒対策

手袋にあっては、必要な方のみ! 用意してください。

私は、素手で行っていました。

  • なぜなら、手袋に染み込んだ雨の影響で、新聞が汚れたり、いつもより分厚い手袋だと作業に支障ししょうをきたすからです。

したがって、雨の日は、手がかなり冷え、我慢しながら仕事をしていました。

なお、私の営業所で働いていた女性の方は、雨で手が冷えないように、防寒対策をほどこしていました。

雨の日の防寒対策

その方法は・・・

  1. ビニール製の薄手の手袋を装着
  2. 袖口を輪ゴムで止め、その上から軍手をはめるする

となります。

こちらの方法は、長年新聞配達の経験がある方が実践されていたので、効果はあると思います。

しかし!! そんなベテランの方でも、お顔は守れないとのことでした……

したがって、雨の日は、髪の毛がびしょ濡れになりながら、配達をしておりました。

なお、その話を隣で聞いていた店長は、

  • シャンプーハットをつけたらいいやん!

と冗談を言っていました。

雨の日は、よく滑るので気をつけましょう!

アイテム3:ライト

私が担当していたエリアは、商店街があったり、コンビニエンスストアがあったりしたため、比較的明るい場所での作業でした。

したがって、私はライトを用意しておりませんでした。

担当するエリアによっては、どうしてもライトが必要になります。

そんな時にオススメするのが・・・首からぶら下げることができるライトです。

  • なぜなら、警察官時代にとっても役に立ったからです!

▼ 私がオススメするライト

▼ ネックライトの替えの電池!!

アイテム4:レインコート

レインコートは、なるべく明るい色のものを選びましょう。

  • なぜなら、視界が悪い日や暗い時間帯での作業は、危険が伴うからです!!

したがって、自己防衛のためにも、明るい色のレインコートを用意しましょうね!

レインコートは、上下別々のタイプがオススメです!

▼ レインコート

アイテム5:ジップロック

スマートフォンや携帯電話にあっては、ジップロックなどの袋に入れます。

これは、重宝ちょうほうします!

ぜひ! 100円ショップで手に入れましょう。

雨の日に必要なテクニック

雨の日に必要なテクニック

雨の日に重要なテクニックは・・・新聞を濡らさない方法となります!!

それは、とってもカンタンです!!

  • なぜなら、全ての新聞をラッピングするだけです!(ビニール袋にパックする)

ラッピング作業は、新聞を専門の機械に通すだけで、とってもカンタンにラッピングすることができます。
※営業所により、ラッピング方法が異なるかもしれません。

しかし、雨に濡れないという大きなメリットの裏には・・・「新聞が少し分厚くなったり、滑りやすくなる」というデメリットもあります。

ですから、ラッピングする新聞は、ほどほどにしましょうね!

そこで、私が雨の日に実践していた方法をご紹介させていただきます。

雨の日の積み込み方法

私が雨の日に新聞を積み込む際、配達用の自転車にひと工夫します。

それは、次の通りです。

  1. 前かごの底の部分にラッピングした新聞を2~3部
  2. 前かごの両サイド部分にラッピングした新聞を2~3部設置
  3. 前かごの上の部分にラッピングした新聞でふたをする
  4. 前かご全体に、雨除けのカバーをかぶせる

となります。

これにより、雨から新聞を守ることができます!!

なお、荷台にあっては・・・すべてラッピングした状態の新聞を積んでいました!

ポスト投函時の注意点

雨の日は、ポストに投函する際、いくつかの注意点があります。

それは、

  • ポストに入れる前に、手を軽く振り水を飛ばし、なるべく新聞に触れない
  • 雨の影響でポストの中が濡れている場合もありますので、その際はラッピングした新聞を選ぶ

以上の点に、注意して配りましょう。

  • さもないと・・・苦情の原因となります!

新聞が雨に濡れるのを防ぐ究極の方法

新聞が雨に濡れるのを防ぐ究極の方法

結論は・・・

  • 新聞をすべてラッピングし、あとは、自分自身を雨や危険から守るのが一番ですよ!

私は、この方法で、雨の日であっても作業時間は、あんまり遅くなりませんでした。

遅くなったとしても、わずか10分ほどでした。

以上、 【大変】雨の日の新聞配達に必要なアイテム5つとテクニックについてでした。

最後に

訪問者様いかがでしょうか?

雨の日の配達作業は、いつもより危険です。

路面が滑りやすいことや視界が悪いことなどから、晴れた日よりも注意しなければなりません・・・。

また、身体が冷えるのを防ぐための防寒対策も必要です。

ですから、少しでも危険を軽減するために、レインコートは明るい色のものや反射材が付いているものを選びましょうね!

最後まで、ご覧いただき誠にありがとうございました。

関連記事

いつも十代ブログをご覧いただき誠にありがとうございます。今回は、新聞配達の内容(一覧)について、ご紹介させていただきます。私は、中学3年生の時に約8ヵ月間、新聞配達のアルバイトをしていました。その時の経験や体験談を元に、記事をたくさん作成[…]

新聞配達の内容(一覧)
スポンサーリンク
雨の日の新聞配達
十代ブログの最新情報をチェックする!