カニ漁で船酔い!思い込みで克服成功!?オーストラリアでの体験談


いつも十代ブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

今回は、カニ漁で船酔い!思い込みで克服成功!?オーストラリアでの出来事について、ご紹介させていただきます。

訪問者様は、乗り物に乗ると酔いやすいですか?

私は、あんまり乗り物酔いしないのですが、満員電車に乗ると気分が悪くなります。

そんな私が、初めてカニ漁に挑戦した際、ひどい船酔いを思い込みだけで克服できました。

今回は、私が船酔いを克服できた時の体験談をどうぞご覧くださいませ。

スポンサーリンク

カニ工場の面接!

カニ工場の面接!


私は、悪徳ファームを抜け出し、カニ工場の面接に来ていた。

面接官は、とても優しいオーストラリア人!

私は、面接官に、履歴書を提出し、
ボス!今から働かせてくれ!!俺は、いつでも準備はできている!!!
と単刀直入に要件を言った。

すると、面接官は、
なんだお前は!?狂ってるやつだな。無茶言うなよ!突然やってきた、お前のために働く枠を空けるのは無理だ!!

私は、
何でもするから、今から働かせてくれ!!
と初対面ながら、かなりしつこく言った。


その結果、


面接官は、カニ工場を案内してくれた。

そして、次のようなことを言われた。

  • どうだい!従業員が一杯働いているだろ?だから、今日働くのは無理だ!


私は、
了解!では?明日はいけるだろ?俺はいつでも全力を尽くせるぜ!
とどや顔を見せつけた!

面接官は、
お前は本当に日本人か?用があったら絶対に!連絡するよ!
と困りながら言ってくれた!

私は、作戦成功!?

私の熱い気持ちと名前を覚えてもらったのだ!

面接後、カニ漁船に乗ってくれ!


私は、カニ工場の近くで、1時間ほど、海を眺めて家に帰ることにした。

そして、自宅で違う仕事を探していた。

すると、突然!カニ工場から連絡が入った!

Hey!!Teen.Could you help me?I need some worker of crab fishing boat!
※十代!助けてくれ!カニ漁船の働き手が欲しい。

とのことで、すぐさま、3日分の服と長靴を持って、カニ漁に挑戦することになった!

スポンサーリンク

カニ工場に到着後、即出航!

カニ工場に到着後、即出航!


私は、連絡をいただいてから、およそ1時間後にはカニ漁船に乗っていた。

まさかの出来事に理解できていなかった。

船内では、簡単な説明を受けた!

それは、
船員が海に落ちたら、この浮き輪を投げろ!船は揺れるから頭に気をつけろ!お腹が空いたら、好きな物を食べろ!
との指示であった。

私は、
不安しかなかった!

沖に出ると、かなり揺れる船内


船が港を出て、30分過ぎた頃、あんまり揺れていなかった船が大きく揺れだした!

どうやら、沖の方に出たことと船の制限速度がなくなったからだった。
※制限速度を守らないと、罰金$500~$3000+免許取消!

私は、大きく揺れる船内では、支えがないと立つことができなかった。

時折、船長は、

  • Hang on!Hang on!!Hang on!!!(ハングオン)
    ※つかまれ!掴まれ!つかまれ!!!

と言った途端、船が飛んだ!

その反動で、私は、後頭部を壁に強く打ちつけた!!

船長は、爆笑していた!

ちなみに、船長は、何も掴まずに立っていた!

船酔い

船酔い


私は、船の揺れの影響で、ひどい船酔いを起こし、トイレで2度も吐いた!

Vomit(ボミット)=嘔吐

そんな状況を見た船長は、

  • You are sick!!You should go to sleep!!Vomit Vomit!!hahahaha!!
    ※お前は病気だ!ベッドで休憩しとけよ!吐いた、吐いた、ハハハハ

と楽しそうな船長に言われたため、素直に寝ることにした。

胃の中がシーソーゲーム!


私は、船の先端部分で寝ることにした!

すると、船の揺れで、胃の中の液体が口の方に流れてきたり、胃の方に戻ったりを繰り返していた。

かなり気分が悪い。

そして、再びトイレに向かっては吐いた。

それを4回ほど繰り返した。

4回目は、吐くものがないのにも関わらず、吐き気が収まらない。

さらに、ひどい頭痛も引き起こしていた。


この状況を見た船長は、かなり深刻な表情だった。

なぜなら、
私の体調が治らないと、人手を増やした意味がないからだった!
※カニ漁には、最低でも3人は必要です。

船長からは、

  • Are you ok!?What should I do for you?Should I returns to harbour?
    ※大丈夫か?俺はお前のために何をしたらいい?港に戻ろうか?

と真剣な表情で何度か言われた。

私は、

  • No problem!!
    ※問題ない!!

と言い残し、ベッドに向かった。

克服方法!


私は、ひどい船酔い状態であったが、何も薬を持っていなかった。

また、携帯で調べようにも、電波が届かなかった。

そこで、私は自分自身に自己暗示をかけることにした。

それは、次の通りです。

  • 絶対に俺ならできる!
  • 同じ人間にできないわけがない
  • そもそも、地球は自転している
  • 陸が揺れていないと思っているだけ

とこれらの言葉を何度も頭の中で言い聞かせた。

そして、1時間後。

  • お腹が空いた!


満足いくまで、たくさん食べ物を食べた。


すると、不思議なことに船酔いを克服できていた!!!


以上、カニ漁で船酔い!思い込みで克服成功!?オーストラリアでの体験談についてでした。

ちなみに、次の動画は、私とは症状が異なった船酔いです!

となります。

最後に


訪問者様いかがでしょうか?

今回のお話は、嘘のような本当の出来事です!

もし、乗り物酔いを引き起こす方は、一度!挑戦してみてください。

なお、私の友人は、
そんなんで乗り物酔いを克服したら苦労せん!
と信じてくれませんでした。

最後まで、ご覧いただき誠にありがとうございました。

カニ漁の記事一覧は、

をどうぞご覧くださいませ。

スポンサーリンク
カニ漁で船酔い!思い込みで克服成功!?オーストラリアでの体験談
十代ブログの最新情報をチェックする!