乗り物酔いしないためのコツ!


いつも十代ブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

今回は、乗り物酔いしないためのコツ!について、ご紹介させていただきます。

訪問者様は、船酔いされたことはありますでしょうか??

私は、初めてのカニ漁で大変なことになりました。

激しい頭痛や嘔吐を引き起こし、仕事どころじゃなかったのです。

今回は、そんなひどい乗り物酔いをしないためのコツ!をご紹介させていただきますので、どうぞご覧くださいませ。

スポンサーリンク

乗り物酔いはなぜ起こるのか?

乗り物酔いはなぜ起こるのか?


乗り物酔いはなぜ起こるのか?

  • 乗り物に乗ると、不規則な速度や揺れなどから体のバランス調整(平衡機能)がうまくいかなくなり、そのストレスが原因で起こるそうです。


他にも、電車に乗っている際、進行方向の逆に進む電車を見ることで、頭の中で情報が混乱することで、乗り物酔いを起こすこともあるそうです。

したがって、乗り物に乗る際は、十分な睡眠を摂るように心掛けましょう!

乗り物酔いしないための事前準備


乗り物酔いしないための事前準備は、次の通りとなります。

  • 疲労を残さない
  • しっかりと寝る
  • 空腹状態にしない
  • 満腹状態にしない
  • 消化の良い食事を摂る
  • 酔い止めの薬を服用する
  • お酒やアルコール類を控える

となります。

乗り物酔いの原因にストレスが関係しているため、乗り物に乗る前日は、しっかり休養しましょう。

特に!体調が優れない時は、乗り物酔いしやすいため、気をつけましょう。

酔い止めは、酔う前に摂取するのが良いそうです!

乗り物に乗車している時の予防法


乗り物に乗車している時の予防法は、次の通りとなります。

  • 遠くを見る
  • 音楽を聴く
  • ガムを噛む
  • 身体の力を抜く
  • 臭い場所を避ける
  • 風通しが良い場所
  • 携帯や読書などを見ない
  • 揺れが少ない場所を選ぶ
  • 進行方向に背中を向けない
  • 頭を振ったり、動かしたりしない
  • 身体を圧迫する服やベルトを身につけない

となります。

乗り物に乗ると、不安定な状況から身体が力みやすくなるため、リラックスするように心掛けましょう!

乗り物酔いの初期症状


乗り物酔いの初期症状は、次の通りです。

  • 頭痛
  • 吐き気
  • 冷や汗
  • あくびをかく
  • ゲップが出る
  • 頭が揺れている
  • 唾液(生つば)が出る

となります。

これらのことを感じた際は、座ったり、横になったりして安静にしましょう!

乗り物酔いの症状※動画あり


実際に、私がカニ漁船で働いている時に、乗り物酔いした方の映像を撮影しましたので、どうぞご覧くださいませ。
※朝5時の出来事です。


このような症状が現れることもあります。

以上、乗り物酔いしないためのコツ!についてでした。

最後に


訪問者様いかがでしょうか?

乗り物酔いされる方は、本当に大変ですよね!?

私の友人は、カニ漁船に乗るも、3日間、ず~っと乗り物酔いに悩まされ、絶食状態でした。

本当に辛そうでした。


したがって、少しでもお役に立てれば幸いです!


最後まで、ご覧いただき誠にありがとうございました。

カニ漁の記事一覧は、

をどうぞご覧くださいませ。

乗り物酔いしないためのコツ!
最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク