何するの!?ミートファクトリーの仕事内容

いつも十代ブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

今回は、何するの!?ミートファクトリーの仕事内容について、ご紹介させていただきます。

訪問者様は、ミートファクトリーの仕事内容について、興味はございますか?

私は、とても興味があります!

  • なぜなら、ミートファクトリーで働いた経験がないからです!

ん? それなのに・・・ミートファクトリーの仕事内容の記事を書きます。

したがって、信憑性は低いので、ご理解願います!

それでは、ミートファクトリーについて、私なりに調べた結果をご紹介させていただきますので、どうぞご覧くださいませ。

スポンサーリンク

ミートファクトリーで働く前に!(ウェイティング)

ミートファクトリーで働く前に!(ウェイティング)

ミートファクトリーでは、面接合格後、働き手に空きがないと仕事ができないそうです。

したがって、waitingウェイティング(待ち時間)しないといけません!!

ウェイティングとは⁉

ウェイティングとは⁉

ミートファクトリーで働く工場長に呼ばれるまで、毎朝5時半~8時頃までの間、待機するそうです!

なお、待機している人数は、だいたい30~50名。

そして、呼ばれる人数は、だいたい2~5名となるそうです。
※条件によって異なります。

工場長に選ばれやすい人

工場長に選ばれやすい人については、次の通りとなるそうです。

  • 日本人
  • 体格が良い人
  • 身長が高い人
  • 目が輝いている人
  • 元気良く挨拶ができる人

となるそうです・・・。

他には、クリスマスの前後は、ミートファクトリーの繁忙期であるため、非常に選ばれやすいそうです!!

  • 採用された場合は、工場長の独断で働くポジションと仕事開始日が決まるようです!

※交渉次第では、新しいポジションに就くことができる。

工場長に選ばれにくい人

反対に、工場長に選ばれにくい人は・・・小柄な方や女性となるそうです!

理由にあっては、

  • 女性が働けるポジションが少ない
  • 辞める人が少ない

となるそうです。

もしも工場長に選ばれなければ、翌日も同じことの繰り返しとなるそうです。

待機する目安は、2週間~2ヵ月だそうです。
※残念ながら・・・選ばれない方も居るそうです。

そして、見事! 工場長に選ばれた方は、次のような作業をしなければなりません。

ミートファクトリーの仕事内容

ミートファクトリーの仕事内容

ミートファクトリーの仕事内容は、次の通りです。

  1. 牛の生命を絶つ作業
  2. 皮をぐ作業
  3. 内蔵を取り出す作業
  4. 骨抜き作業
  5. 部位ごとに肉を切る作業
  6. 箱詰め作業
  7. 冷凍作業
  8. ラベルを貼る作業
  9. 積み込み作業
  10. 工場内の清掃作業
  11. 作業用ユニフォームの洗濯作業

となります。

それぞれの項目について、ご説明させていただきます。

1.牛の生命を絶つ作業

牛の生命を絶つ人をスローターと呼ぶそうです。(むごい方法で生命を絶つ)

作業内容は、牛を電気などで気絶させ、特別な許可を与えられたものが牛の生命を絶つ

気になる方は、「meat factory」と検索すると良いでしょう。

むごすぎて・・・オススメしません!

とてもショッキングな映像でした。

2.皮を剥ぐ作業

皮をぐ人をPeelerピーラーと呼ぶそうです。

作業内容は、吊るされた羊の皮をひたすら剥ぎます。

  • この作業は、指を酷使こくしします!!

ですから、指の爪が剥がれることもあるそうです・・・

また、羊についている虫の影響で、腕が赤く腫れるそうです。

3.内蔵を取り出す作業

内臓を取り出す人をOffalオーファルと言います。

作業内容は、牛などの臓器を取り出す。

4.骨抜き作業

骨抜きをする人をButcherブッチャーまたは、boningボーニングと呼ぶそうです。

作業内容は、吊るされた牛からお肉を取り除く作業となります!

この作業は、かなりのスキルが要求されるそうです。

力強く刃物を振り回すため、怪我をする方が多いポジションだそうです。(大怪我をした元ブッチャーから聞きました。)

5.部位ごとに肉を切る作業

部位ごとに肉を切る人をTrimmerトリマーまたは、Slicerスライサーと呼ぶそうです。

作業内容は、大きなお肉の塊を部位ごとに切り分ける作業です。

トリマーは、「スピード」と「正確さ」が求められるため、よく指などを怪我するそうです・・・。

6.箱詰め作業

決められた箱(重量)に、牛肉を詰め込む人をPackerパッカーと言います。

作業内容は、とっても簡単ですが・・・お肉の塊がとても大きく、重さがなんと! 5~20kgもあります。

ですから、このポジションは、力仕事となります!!

7.冷凍作業

解体作業が済んだ子牛などを冷蔵庫に運ぶ人をChillerチラーと言います。

作業内容は、とっても大きな冷蔵庫内にて、サイズや種類によって決められたレーンがあり、そのレーンに箱を流す作業です。

この作業は、女性の方がメインで行うそうです。

8.ラベルを貼る作業

お肉が入った段ボールにラベルを貼る作業をLabelingラベリングと言います。

ラベリングは、説明するまでもなく、ラベルを貼るだけの作業ですが、機械が停止するまでの間、黙々と同じことを繰り返すため、精神的に辛いそうです……

こちらの作業は、女性の方がメインで行うそうです。

9.積み込み作業

お肉が入った段ボールをトラックに積み込む作業をLoadingローディングと言います。

作業内容は、運搬用トラックの荷台がいっぱいになるまで、ひたすら段ボールを積み込むだけとなります。

このポジションは、フォークリフトの免許が必要だそうです。

10.工場内の清掃作業

工場内の清掃作業をする人をCleanerクリーナーと呼びます。

作業内容は、掃除となります!!

したがって、女性の方がメインとなります。

11.作業用ユニフォームの洗濯作業

洗濯作業をLandryランドリーと言います。

仕事内容は、牛の血などがたっぷりと染み込んだユニフォームをひたすら洗濯。

洗濯作業は、女性の方がメインとなります。

仕事に必要な道具

なお、仕事に必要な道具は、ほとんどの工場では、買い取りとなるそうです。
※給料から天引き!

刃物を扱う方は、自分で専用の砥石を用意すると良いそうです。

以上、何するの!?ミートファクトリーの仕事内容についてでした。

最後に

訪問者様いかがでしょうか?

ミートファクトリーの仕事内容について、知ることができましたでしょうか?

正直、本記事で紹介できていない仕事の内容もあると思いますが、ご了承願います。

これから、ミートファクトリーで働くことがありましたら、頑張ってください!

最後まで、ご覧いただき誠にありがとうございました。

関連記事

いつも十代ブログをご覧いただき誠にありがとうございます。今回は、ミートファクトリーに関する内容(一覧)について、ご紹介させていただきます。訪問者様は、ミートファクトリーに興味はありますか?私は、オーストラリアでワーキングホリデービザとして[…]

ミートファクトリーに関する内容(一覧)
最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク