【息止め】10セット!?水難救助隊員になるための試練


いつも十代ブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

今回は、【息止め】10セット!?水難救助隊員になるための試練について、ご紹介させていただきます。

訪問者様は、息をどのくらい長く止めることができますか?

ちなみに、私は45秒でした!

その結果を知った上司からは、

  • 最低でも1分間!水中で息を止めることができなければ、水難救助隊員にはなれない!

と衝撃的な事実を知りました。

今回は、私は水難救助隊員になるために、長く息を止める練習をした結果をご紹介させていただきますので、どうぞご覧くださいませ。
※息止めの練習は、危険ですので、自己責任でお願いいたします。私は、無理して息を止めることにより、労作性頭痛を引き起こしたことがあります。

スポンサーリンク

息止めの練習方法


息止めの練習方法は、次の通りです。

  1. 室内にて、仰向けの姿勢になる
  2. 60秒間、深呼吸を行う
  3. その後、息止めのスタートと共にストップウォッチでタイム測定
  4. 限界がきたら、タイム測定終了
  5. 60秒間、深呼吸

を繰り返します。

もう一度、伝えさせていただきます。


この息止めの練習は、危険が伴いますので、自己責任でお願いいたします。

息止めの結果


私は、この方法で先輩と一緒に息止めの練習を10セット行った結果は、次の通りです。
※大変申し訳ございませんが、休憩時間はそれぞれの限界を迎えてから、60秒後に次のセットとなります。また、ところどころ正確な時間を忘れております。

  • 訓練前:45秒
  • 1セット目:50秒
  • 2セット目:1分10秒
  • 3セット目:約40秒
  • 4セット目:約1分30秒
  • 5セット目:約2分
  • 6セット目:約3分40秒
  • 7セット目:約2分20秒
  • 8セット目:5分10秒
  • 9セット目:5分40秒!!!
  • 10セット目:約3分30秒

となります。

なお、先輩は、

  • 全て3分以上でした!


そんなすごい先輩に、一度だけ、勝ちました。

それが、9セット目です。

まさか、5分40秒も息を止めることができるとは、思いませんでした。
※あくまでも、陸上での話です。

スポンサーリンク

息止めの練習中に感じたこと


私は、5セット目にして、初めて2分間も息を止めることができました。

この時、少し周りの物音が聞こえない状態がありました。

そして、6セット目は、心音が聞こえ、身体全身が浮いているような感覚でした。

7セット目は、空気を吸い込み過ぎたため、胸の苦しみから、時間が伸びませんでした。

8・9セット目は、呼吸を止めていることすら忘れて、意識がかなり遠くなるような感覚でした。

周りの音が全て反響して聞こえました。

練習後


息止めの練習10セット!終了後は、先輩にかなり褒められました。

なぜなら、

  • 今まで新隊員とこの息止めの練習を実施したが、初めて負けた!

とのことでした。


ちなみに、仰向けで寝ていた場所は、汗でびっしょり濡れていました。


以上、【息止め】10セット!?水難救助隊員になるための試練についてでした。

最後に


訪問者様いかがでしょうか?

私は、息止め訓練を実施して感じたことは、

  • 人間には、すごい可能性が秘められていることに改めて気付きました!


くれぐれも実施される方は、自己責任でお願いいたします。

最後まで、ご覧いただき誠にありがとうございました。

警察官の記事一覧は、

をどうぞご覧くださいませ。

スポンサーリンク
【息止め】10セット!?水難救助隊員になるための試練
十代ブログの最新情報をチェックする!