プロテインの正しい保管・保存方法!怠るとダニが大量発生する!?

いつも十代ブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

今回は、プロテインの正しい保管・保存方法!怠るとダニが大量発生する!?について、ご紹介させていただきます。

訪問者様は、プロテインの保管方法を意識したことがありますか⁉

もしもプロテインを正しく保管していないと、

  • プロテインが腐敗ふはいしたり、ダニが大量に発生したりして、お腹を下すだけでなく、命の危険にもつながりますよ・・・。

ですから、今回は正しいプロテインの保管・保存方法について、ご紹介させていただきますので、どうぞご覧くださいませ。

スポンサーリンク

プロテインの正しい保管方法

プロテインの正しい保管方法

プロテインの正しい保管方法は、ご購入いただいたプロテインの製造会社により異なりますが、ほとんど共通しております。

その方法は、

  1. 高温を避ける
  2. 湿度を避ける
  3. 直射日光を避ける

となります。

それぞれの項目について、ご説明させていただきます。

保管方法1:高温を避ける

プロテインを保存する際は、高温を避けてください。

たとえば、冷蔵庫・炊飯器・電子レンジなどの電化製品の近くでは、プロテインを保存しないようにしましょう。

スポンサーリンク

保管方法2:湿度を避ける

プロテインは、粉状で吸水性が高いため、湿度が高い場所での保管は避けましょう。

保管方法3:直射日光を避ける

プロテインの保管には、高温を避けなければならない。

ですから、当然、直射日光も避けなければなりません!!

これらの方法を守るのには、理由があります。

それは、

  • プロテインの腐敗予防
  • 細菌や虫などの発生予防

などが理由となりますので、しっかりと保管方法を守りましょう。

プロテインの正しい保存方法・保存期間

プロテインの正しい保存方法・保存期間

プロテインの正しい保存方法や保存期間にあっては、次の通りです。

プロテインの保存方法

プロテインの保存方法は、

  1. 密閉できる容器や袋に入れる
  2. 冷暗な場所」または、「冷蔵庫」などで保存する
  3. 瓶・タッパ・ジップロックなどにプロテインを小分けにする

となります。

それぞれの項目について、ご説明させていただきます。

保存方法1:密閉できる容器や袋に入れる

プロテインを保存する容器や袋にあっては、必ず! 密閉できるものにしましょう。

  • なぜなら、湿気予防や害虫などの侵入予防にも効果があるからです!

したがって、プロテインを保存する際は、確実に密閉できる容器や袋に入れましょう。

保存方法2:「冷暗な場所」または、「冷蔵庫」などで保存する

プロテインは、高温・多湿・直射日光を避けるのが正しい保管方法となります。

それらをまえると、「冷暗な場所」や「冷蔵庫」が好ましい場所だと思います。
※冷蔵庫に入れる際は、注意点が必要となりますので、後ほどご説明させていただきます。

それ以外の場所となると、水回りを避けつつ(湿度)、高いところよりも低い位置(温度)での保管が望ましいです。

保存方法3:瓶・タッパ・ジップロックなどにプロテインを小分けにする

プロテインを安く手に入れるには、1kgなどの少量ではなく、5kgや13kgなどの大量のプロテインを一気に購入しないと、なかなか安く手に入れることができません。

しかし!! プロテインを大量買いしてしまいますと、消費するのに時間を要してしまいます。

また、プロテインを使用する度に、袋を開け閉めする回数も増えてしまいます。

  • その結果、プロテインが湿気の影響を受けて酸化が始まり・・・最終的には腐ってしまいます。

それらを防ぐために、大量買いしたプロテインを「瓶・タッパ・ジップロック」などに小分けにして保存するのが好ましいです。

プロテインの保存期間

プロテインの保存期間は、

  • 開封後から1ヵ月以内! 遅くても3ヵ月以内まで!!

それ以上は、保存方法にもよりますが、オススメしません。

プロテインの賞味期限

なお、プロテインの賞味期限は、ご購入から1年近くあると思いますが、開封後はなるべく早く召し上がりましょう。

未開封の賞味期限切れプロテイン

ちなみに、未開封の状態であれば、賞味期限切れのプロテインを飲んでも大丈夫⁉

  • 私はオススメしませんが、大丈夫だと思います……。

ただし、賞味期限が切れているということは、品質などが劣化するため、普段よりも味が美味しくないと思います。

ですから、賞味期限以内の美味しいプロテインを摂りましょう。

プロテインを保存・保管する際の5つの注意点

プロテインを保存・保管する際の5つの注意点

プロテインを保存・保管する際の5つの注意点は、次の通りです。

  1. 開封時間は手短にする
  2. プロテインの作り置きはダメ!
  3. 開封後、使用する度に封を確実に閉める
  4. 冷蔵庫に保存した場合は常温保存に戻さない
  5. 冷蔵庫で保存している場合は取り出す時間を短くする

となります。

それぞれの項目について、ご説明させていただきます。

注意点1:開封時間は手短にする

開封時間は手短にする

プロテインは、高温多湿に弱いため、開封時間を手短にしましょう!!

また、開封する際は、水分に十分注意しましょう。

  • お水などに濡れているスプーンの使用は・・・ダメ!

注意点2:プロテインの作り置きはダメ!

プロテインの作り置きはダメ!

なぜなら、

  • お水などで溶かした瞬間から、酸化が始まるからです!

すると、どんどんプロテインが腐敗ふはいし始めて、カビや細菌が繁殖はんしょくしやすくなります・・・

したがって、プロテインを作った際は、遅くても1時間以内には、飲み切りましょう!

合わせて読みたい

いつも十代ブログをご覧いただき誠にありがとうございます。今回は、【危険】プロテインの作り置きはダメ!4つの理由について、ご紹介させていただきます。訪問者様は、プロテインの作り置きをしていませんか⁉以前[…]

【危険】プロテインの作り置きはダメ!4つの理由

注意点3:開封後、使用する度に封を確実に閉める

プロテインを開封後、使用する度に封を確実に閉めましょう。

もしもうっかりミスをしてしまうと、湿気の影響でプロテインが腐りやすかったり、プロテインの袋内に害虫などの侵入を許してしまい・・・大変なことになるからです!

ですから、プロテインを開封する都度、確実に封を閉めましょう!!

注意点4:冷蔵庫に保存した場合は常温保存に戻さない

冷蔵庫に保存した場合は常温保存に戻さない

一旦、プロテインを冷蔵庫に入れて保存した場合は、冷蔵庫内で保存するようにしてください!

なぜなら、

  • 冷蔵庫内の温度と外気温の差で、結露けつろが起こるからです!

※季節や地域により異なります。

少しでも結露すると、プロテインが酸化し始めると同時に、腐敗も進行してしまいます。

  • そうなると・・・取り返しのつかない状態になってしまいます。

ですから、一旦、冷蔵庫内で保存した際は、使い切るまで冷蔵庫内で保存しましょう!

注意点5:冷蔵庫で保存している場合は取り出す時間を短くする

先ほどと同じ内容になりますが、冷蔵庫で保存している場合は、取り出す時間を短くしましょうね。

何度も言いますが、プロテインの酸化や腐敗を防ぐのにとても重要だからです!!

まとめ

プロテインの正しい保管・保存方法や注意点をまとめると次の通りです。

  • 保管方法
    • 高温・多湿・直射日光を避ける
  • 保存方法
    • 密閉容器や袋に入れる
    • 冷暗な場所か冷蔵庫に保存する
    • 瓶・タッパ・ジップロックなどに小分けにする
  • 保存期間
    • 1ヵ月以内! 遅くても3ヵ月まで!
  • 注意点
    • 開封時間は短く
    • 作り置きはダメ!
    • 封を確実に閉める
    • 冷蔵から常温保存に戻さない
    • 冷蔵保存の場合は取り出し時間に気をつける

以上、プロテインの正しい保管・保存方法!怠るとダニが大量発生する!?についてでした。

最後に

訪問者様いかがでしょうか?

プロテインの正しい保管・保存方法を知ることができましたでしょうか?

プロテインは決して安くはない製品だと思いますので、しっかりと大切に取り扱いましょうね。

最後まで、ご覧いただき誠にありがとうございました。

関連記事

いつも十代ブログをご覧いただき誠にありがとうございます。今回は、プロテインに関する内容(一覧)について、ご紹介させていただきます。訪問者様は、プロテインが好きですか? 嫌いですか?現在の私は、大好きです! 10年以[…]

プロテインに関する内容(一覧)
スポンサーリンク
プロテインの正しい保管・保存方法!怠るとダニが大量発生する!?
十代ブログの最新情報をチェックする!