誰でもできる!オーバートレーニングの回復方法

いつも十代ブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

今回は、誰でもできる!オーバートレーニングの回復方法について、ご紹介させていただきます。

一般的に、オーバートレーニングになりやすい時期は・・・シーズン前後となります。

しかし、その他にも「真面目な性格」や「負けず嫌いな性格」の方は要注意!

なぜなら、頑張り過ぎて、オーバートレーニングになる可能性が高いからです。

現在、目標に向かって、無我夢中でトレーニングを頑張っている方
または、一生懸命トレーニングをするも、成果が表れなかったり、以前よりも良い記録が出なかったりして悩んでいる方

もしも思い当たる点がございましたら・・・オーバートレーニングの可能性が十分高いです!!

オーバートレーニングは、パフォーマンスが低下した時点で手遅れです。

今回は、オーバートレーニングの回復方法について、ご紹介させていただきますので、どうぞご覧くださいませ。

スポンサーリンク

誰でもできる!オーバートレーニングの回復方法

誰でもできる!オーバートレーニングの回復方法

オーバートレーニングの回復方法は・・・

休息のみ!!

それ以外の手段はございません。

オーバートレーニングの症状が重い場合は、ウォーキングですら制限されてしまいます。

筋疲労の回復を早める方法

筋疲労の回復を早める方法は、次の通りです。

  1. 睡眠
  2. 高温浴
  3. ストレッチ
  4. プロテインを飲む
  5. バランスの良い食事

となります。

とにかく! 睡眠と栄養をしっかり摂り、リフレッシュすることが大切です。

関連記事

いつも十代ブログをご覧いただき誠にありがとうございます。今回は、汗を流してストレス発散!高温浴には疲労回復の効果もある?について、ご紹介させていただきます。・疲れが取れない方・体臭が気になる方・ストレスが溜まっている方[…]

汗を流してストレス発散!高温浴には疲労回復の効果もある?
関連記事

いつも十代ブログをご覧いただき誠にありがとうございます。今回は、知らなきゃ損する!プロテインを飲むメリット11選について、ご紹介させていただきます。訪問者様は、プロテインに対してどのようなイメージがございますかȄ[…]

知らなきゃ損!プロテインを飲むメリット
スポンサーリンク

回復に必要な期間

オーバートレーニングを回復するのに必要な期間は・・・

24時間~数年となります!!

筋肉の超回復:24~72時間。腱鞘炎など:5~14日間(軽度の場合)

オーバートレーニングの症状が軽度の場合は、2日~14日間ほどの休息で、パフォーマンスがリバウンド(元に戻る)または、以前よりもパワーアップします。

一方で、オーバートレーニングの症状が重度の場合は・・・長期間の休養によって、筋肉量やパフォーマンスが低下してしまいます……。
※ただし、マッスルメモリーの関係で、筋力が元に戻りやすい!

マッスルメモリー(筋肉の記憶):トレーニングを辞めて筋肉量が低下してしまった人が、トレーニングを再開すると以前よりも早く筋肉量が増えること。

まとめ:オーバートレーニング回復方法は休息あるのみ!

オーバートレーニング回復方法は休息あるのみ!

訪問者様はいかがでしょうか?

オーバートレーニングの回復方法は、休息だと理解していただいたと思いますが、オーバートレーニングの見極めはとても困難です。

なぜなら、パフォーマンスが低下した原因を判明するのが難しいからです!!

たとえば、「過剰なトレーニングによりパフォーマンスが低下したのか?」それとも、「トレーニング不足によってパフォーマンスが低下したのか?」など様々な理由が考えられます・・・。

これらの見極めが非常に難しい!!

もしも選択を間違えてしまうと、状態をどんどん悪化させてしまい……選手生命が絶たれることにもありますよ。

以上、誰でもできる!オーバートレーニングの回復方法についてでした。

最後まで、ご覧いただき誠にありがとうございました。

合わせて読みたい

いつも十代ブログをご覧いただき誠にありがとうございます。今回は、後悔しないために!オーバートレーニング症候群3つの原因と2つの指標について、ご紹介させていただきます。オーバートレーニング症候群:過剰なトレーニングにより、パフ[…]

後悔しないために!オーバートレーニング症候群3つの原因と2つの指標
スポンサーリンク
誰でもできる!オーバートレーニングの回復方法
十代ブログの最新情報をチェックする!