登山ですれ違う人全員に挨拶!その理由や言葉とは!?山岳警備隊での出来事


いつも十代ブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

今回は、登山ですれ違う人全員に挨拶!その理由や言葉とは!?山岳警備隊での出来事について、ご紹介させていただきます。


訪問者様は、山登りに行くことがありますか?


その際、すれ違う方々には、どのように挨拶されますか?


ちなみに、私は、
こんにちは!こんにちは!
と元気よく挨拶していました。


今回は、山登りの挨拶についてご紹介させていただきますので、どうぞご覧くださいませ。

スポンサーリンク

挨拶の方法

挨拶の方法


登山道での挨拶の方法は、次の通りです。

  • おのぼりさん(お上りさん)
  • おくだりさん(お下りさん)

となります。

私は、山岳救助隊員なのに、この挨拶を知りませんでした。
※たしか、山道入り口付近に設置された掲示板に記載されていたと思います。

おのぼりさんとは、

  • 山を登っている方に対して、「おのぼりさん!」と声を掛ける


反対に、おくだりさんとは、

  • 山を下っている方に対して、「おくだりさん!」と声を掛ける

となります。

もう一度、おさらいしましょう!

訪問者様が登山中、相手に「おくだりさん」と声を掛けます。

訪問者様が下山中、相手に「おのぼりさん」と声を掛けます。


ちなみに、私は、途中から、
おあがりさん!
に変わっていました!


また、私が登山中、前の人を追い抜きざまに、
おくだりさん!」
と失礼なことを言ってしまいました。


ぜひ挑戦してみてください!

案外、難しいですよ!

挨拶の重要性


山道での挨拶の重要性は、次の通りです。

  • 社会人の基本
  • 存在を知らせる
  • トラブルの回避!(登り優先)

となります。

スポンサーリンク

社会人の基本


挨拶は、社会人の基本と教わったことがあるため、しっかりと挨拶します。


特に!山岳警備隊員(警察官)が挨拶しないのは、問題かと思います。


また、挨拶をすることで、楽しい気持ちになったり、登山者の体調などの確認にもなります。

存在を知らせる


山道で挨拶をしていると、自分の存在を知らせることができます。

たとえば、前をゆっくり歩く人を足音で威嚇しなくて済みますし、他の登山者からは、元気が良いなど人を幸せにすることができます。


さらに、

  • 万が一、道に迷ったり、滑落した際の目撃情報にも繋がることもあります。


実際に、遭難された方の救助に向かった際、元気よく挨拶していたことから、多くの情報が集まり、すぐに救助するポイントを絞ることができました。

また、その遭難された方は、犬笛と鈴を持っていたため、すぐに居場所の特定ができました。
※もし犬笛や鈴だけだと、音が反響して、特定するのが困難となります。


したがって、挨拶はしっかり行いましょう!

トラブルの回避!(登り優先)


登山道では、基本的に下(登り)が優先です!
※斜面に対して、上か下かで判断してください!

なぜなら、

  • 上の方は下を見ながら山を下ります。また、上から下に行く際、転落や落石の危険があるからです!

※上から物が落ちてくるイメージです。

ですから、下(登り)が優先と言うことを覚えておいてください。


たまに、山岳の遭難や救助以外にも、山道で言い争いが起き、山岳警備隊が出動することもあります。


その原因は、

  • 登り優先なのに、下りが邪魔をした!?


たったそれだけの理由かも知れませんが、山道で取っ組み合いにでも発展したら、大ごとです!

したがって、山道では、安全確保のため、ルールを守りながら笑顔で挨拶を行いましょう!


ちなみに、私の場合は、山岳救助隊が優先されるため、現場に急行できますが、休む暇がありません!
※緊急時は、必ず!お声をかけますので、普段の時は、お気になさらないでください。

以上、登山ですれ違う人全員に挨拶!その理由や言葉とは!?山岳警備隊での出来事についてでした。

最後に


訪問者様いかがでしょうか?

山登りは、楽しくなるのか?嫌になるのかは?様々な条件があると思いますが、挨拶は、ぜひ!行ってくださいね。

最後まで、ご覧いただき誠にありがとうございました。

警察官の記事一覧は、

をどうぞご覧くださいませ。

スポンサーリンク
登山ですれ違う人全員に挨拶!その理由や言葉とは!?山岳警備隊での出来事
十代ブログの最新情報をチェックする!