ハイ・ロープーリーを使ったトレーニング種目「タフスタッフCHL-305WS」

いつも十代ブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

今回は、ハイ・ロープーリーを使ったトレーニング種目「タフスタッフCHL-305WS」について、ご紹介させていただきます。

・ホームジムを検討中の方
・タフスタッフのパワーラックをお持ちの方
・ジムにあるハイ・ロープーリーマシンが気になる方

本記事は、これらの項目に該当する方々に伝えたい内容です。

私はホームジムを作る際、導入するマシンでかなり悩みました・・・

正直、最初は「BULLのパワーラック」を考えておりました。

▼ BULLのパワーラック

しかし!

それだと・・・ハイ・ロープーリーの機能がありません。

▼ ハイ・ロープーリーの機能

したがって、かなり悩みました。

最終的には、タフスタッフのパワーラックに追加で、ハイ・ロープーリーの機能も付け加えました。

今回は、私が悩んだタフスタッフのハイ・ロープーリーを使ったトレーニング種目をご紹介させていただきますので、どうぞご覧くださいませ。

ハイ・ロープーリーを使ったトレーニング種目「CHL-305WS」は・・・
※調整可能なベンチ(CDM400)も使用。

パワーラックを使ったトレーニング種目「タフスタッフCPR-265」は・・・
※「バーベル」と「調整可能なベンチ台(CDM400)」も使用。

    • アップライトロゥ
    • フェイスプル
    • アームカール
    • プッシュダウン
    • フレンチプレス
  • お腹
    • ケーブルクランチ
  • 背中
    • プルオーバー
    • ラットプルダウン
    • シーテッドロゥ
    • ベントオーバーロゥ

となります。

したがって、ハイ・ロープーリーと調整可能なベンチがあれば、背中をメインに鍛えることができます!!

以上、ハイ・ロープーリーを使ったトレーニング種目「タフスタッフCHL-305WS」についてでした。

スポンサーリンク

最後に:ホームジム検討中の方は「タフスタッフ」をおすすめします!

ホームジム検討中の方は「タフスタッフ」をおすすめします!

訪問者様いかがでしょうか?

タフスタッフのハイ・ロープーリー「CHL-305WS」を使ったトレーニング種目について知ることができましたでしょうか?

正直、タフスタッフのパワーラック・ハイ・ロープーリー・ベンチ台があれば、全身をしっかりと鍛えることができます。(もちろんスミスマシンなどもあると、さらに良いですが!)

ですから、現在ホームジムを検討されている方は、ぜひタフスタッフを試してみてくださいね。

最後まで、ご覧いただき誠にありがとうございました。

スポンサーリンク
ハイ・ロープーリーを使ったトレーニング種目「タフスタッフCHL-305WS」
十代ブログの最新情報をチェックする!