誰でもかんたん!自分に合うストレッチポールの選び方「3つのポイントと7つの目的」

いつも十代ブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

今回は、誰でもかんたん!自分に合うストレッチポールの選び方「3つのポイントと7つの目的」について、ご紹介させていただきます。

・ストレッチポールの選び方に悩んでいる方

ストレッチポールの効果は、凝り固まった全身の筋肉をほぐしたり、運動機能を高めたりすることができます。

しかし!! ストレッチポールの選び方を間違えると・・・筋肉のコリが悪化したり、効果を感じることができなかったりするなどのデメリットもあります。

ですから、これからストレッチポールを買う方は、後悔しないようにしましょうね。

今回は、ストレッチポールの選び方について、ご紹介させていただきますので、どうぞご覧くださいませ。

スポンサーリンク

誰でもかんたん!ストレッチポールの選び方「3つのポイント」

誰でもかんたん!ストレッチポールの選び方「3つのポイント」

ストレッチポールを選ぶ際のポイントは、次の通りです。

  1. 長さ
  2. 太さ
  3. 硬さ

となります。

それぞれの項目について、ご説明させていただきます。

ポイント1:長さ

ストレッチポールの長さの選び方にあっては、次の表をどうぞご覧くださいませ。

▼ ストレッチポールの長さの目安

長さ身長
 30㎝誰でもOK!!
~85㎝~155㎝
 85㎝~ 155㎝~

となります。

「ショート」と「ロング」の違い

なお、ストレッチポールの長さは、大きく分けて2種類となります。

  1. 約30㎝:フォームローラー
  2. 約90㎝:ストレッチポール

となります。

ショートタイプのフォームローラーは、持ち運びが便利で、身体の一部分をピンポイントで改善できるメリットがあります。

一方でロングタイプのストレッチポールは、身体全体に使用でき、運動機能の連動性を高めるなどのメリットがあります。

ポイント2:太さ

ストレッチポールの太さは、次の表をどうぞご覧くださいませ。

▼ ストレッチポールの太さの目安

太さ(直径)ターゲット
ハーフカットバランスが上手に取れない方
12㎝女性の方がメイン
15㎝男性の方がメイン

となります。

太さの違い

「ハーフタイプ・太さ12㎝・太さ15㎝」の3つの違いについて、ご説明させていただきます。

身体をリラックスさせるには、「しっかりとした安定感」が必要になるため、地面に手をつき、身体を支えましょう。
スポンサーリンク
ハーフカットタイプの場合

ハーフカットタイプは、高さが低く、接地面が平らで安定感があるので、腰痛などの症状が重い方やバランスが上手く取れない方におすすめです。

太さが12㎝の場合

太さが12㎝のストレッチポールは、高さが少し低いため、地面に手が届きやすいため、女性の方や細身の方におすすめです。

太さが15㎝の場合

太さが15㎝のストレッチポールは、高さがあり、刺激が強いため、男性の方やコリがひどい方におすすめです。

ポイント3:硬さ

ストレッチポールの硬さは、次の表をどうぞご覧くださいませ。

柔らかい普通硬い
EPE樹脂EVA樹脂低密度発泡オレフィン
EVA樹脂:エチレン酢酸ビニル共重合樹脂(クッション・ビーチサンダルなど)
EPE樹脂:発砲ポリエチレン(イス・マットレスなど)

しかし、密度や製法などによって大きく異なります。

つまり!! 材質が同じであっても・・・メーカーによって異なりますので気をつけてください。

硬さによる違い

ストレッチポールの硬さは、「柔らかいもの」と「硬いもの」の2種類があります。

柔らかいものは、ヨガやリラックスしたい方におすすめです。

硬いものは、コリがひどい方や身体に厚みがある方におすすめです。

身体をリラックスさせるには、「程よい刺激」が必要になります。刺激が強すぎると、力んでしまいます。

以上、誰でもかんたん!自分に合うストレッチポールの選び方「3つのポイント」についてでした。

スポンサーリンク

まとめ:ストレッチポールの選び方「3つのポイント」

訪問者様いかがでしょうか?

ストレッチポールの選び方について、知ることができましたでしょうか⁉

これからストレッチポールを購入される方は・・・

1.長さは「身長155㎝」を基準に選ぶこと
2.太さは「体格」を基準に選ぶこと
3.硬さは「筋肉のコリ具合」で選ぶこと

※腰痛などの症状がひどい場合は、ハーフカットタイプのストレッチポールを選びましょう。

これらの3項目は、ストレッチポールを選ぶ際にとても大切となります。

まだストレッチポールを購入されていない方は、7つの目的から自分に合うストレッチポールを選びましょう。

7つの目的から自分に合うストレッチポールを選ぶ

目的から自分に合うストレッチポールの選び方は、次の通りです。

  1. 部分的にコリをほぐしたい方
  2. 腰痛などの症状が重たい方やバランスが上手く取れない方
  3. 程よくコリをほぐしたい女性の方
  4. 程よくコリをほぐしたい男性の方
  5. ヨガやリラックスしたい方
  6. ガッチガチに筋肉が凝り固まっている方
  7. 有名なストレッチポールを手に入れたい方

となります。

それぞれの項目について、ご説明させていただきます。

1.部分的にコリをほぐしたい方

部分的にコリをほぐしたい方は、フォームローラーと呼ばれる短いものを選びましょう。

▼ 人気のフォームローラー

こちらのフォームローラーは、コンパクトで持ち運びが大変便利。

なお、硬度にあっては、柔らかすぎず硬すぎないため、小さなスペースで全身の筋肉をほぐすことができます。

もしも刺激が足りない場合は、デコボコの部分に体重を乗せることで調整可能。

ですから、ピンポイントにコリをほぐしたい方は、こちらのフォームローラーを手に入れましょう。

2.腰痛などの症状が重たい方やバランスが上手く取れない方

腰痛などの症状が重たい方やバランスが上手く取れない方は、ハーフカットタイプのストレッチポールを選びましょう。

▼ ハーフカットタイプのストレッチポール

こちらのハーフカットタイプのストレッチポールは、コンパクトで安定感抜群!!

ですから、持ち運びがカンタンで、腰痛などの症状が重たい方にも安心して使用できます。

また、40㎝のものが2本あるため、長さの調節にも対応できる。

したがって、腰痛などの症状が重たい方やバランスが上手く取れない方におすすめの一品となりますので、どうぞ手に取って体感してみてください。

3.程よくコリをほぐしたい女性の方

程よくコリをほぐしたい女性の方には、LPNストレッチポール MXがおすすめです。

▼ LPNストレッチポール MX

こちらのLPNストレッチポール MXは、太さが約12.5㎝と女性の方に非常に使いやすいアイテムとなっております。

また、太さが一般のものよりも細いため、胸を大きく広げやすく、姿勢改善に効果的。

したがって、程よくコリをほぐしたい女性の方には、おすすめのストレッチポールとなりますので、この機会に手に入れましょう。

4.程よくコリをほぐしたい男性の方

程よくコリをほぐしたい男性の方には、LPNストレッチポール EXがおすすめです。

▼ LPNストレッチポール EX

こちらのLPNストレッチポール EXは、男性の方にピッタリなアイテムとなります。

太さが約15㎝と大きくしっかりしているため、男性の方が使用しても、型崩れなどせずに、キレイに全身の筋肉をほぐすのに使えます。

したがって、程よくコリをほぐしたい男性の方には、おすすめできるストレッチポールですので、ぜひ手に取ってみてください。

5.ヨガやリラックスしたい方

ヨガやリラックスしたい方には、柔らかめのヨガポールをおすすめします。

▼ ヨガポール

こちらのヨガポールは、柔らかい素材を使用しているため、刺激が弱く、リラックスするのにちょうど良いアイテムです。

また、太さが15㎝もあるため、しっかりと身体を伸ばすことができます。

したがって、ヨガやリラックスしたい方におすすめの一品となっておりますので、ぜひ手に取ってみてください。

6.ガッチガチに筋肉が凝り固まっている方

ガッチガチに筋肉が凝り固まっている方には、ヨガポール(低密度発泡オレフィン)がおすすめです。

▼ ヨガポール(低密度発泡オレフィン)

こちらのヨガポールは、とっても硬い素材を使用しているため、刺激が強いです。

ですから、凝り固まった筋肉をしっかりとほぐすことができます。

したがって、肩や首のコリがひどい方には、おすすめできる一品となりますので、この機会に手に入れましょう。

なお、サイズが85㎝と100㎝の2種類あり、身長が155㎝以上の方は100㎝のものを選びましょう。

7.有名なストレッチポールを手に入れたい方

ストレッチポールを買いたいけど、どれを買えば良いのかでお悩みの方は、LPNストレッチポール EXの一択です。

▼ 有名なストレッチポール(LPNストレッチポール EX)

こちらのストレッチポールは、程よくコリをほぐしたい男性の方に向けた商品ですが、ご家族や大人数で使用される場合に重宝します。

もしも女性の方が使用する際は、高さがあるため、安定感に欠けてしまいます。

しかし、ストレッチポールの両側に座布団などを敷くと、その欠点を補うことができますので、ご家族や大人数で使用するのにおすすめできるアイテムとなっております。

以上、誰でもかんたん!自分に合うストレッチポールの選び方「3つのポイントと7つの目的」についてでした。

最後まで、ご覧いただき誠にありがとうございました。

合わせて読みたい

いつも十代ブログをご覧いただき誠にありがとうございます。今回は、確実に胸を大きくする方法!「背中の柔軟性」足りていますか?※画像ありについて、ご紹介させていただきます。・胸が垂れている人・胸を大きくしたい人・ベンチプレス[…]

確実に胸を大きくする方法!「背中の柔軟性」足りていますか?※画像あり
誰でもかんたん!自分に合うストレッチポールの選び方「3つのポイント」
最新情報をチェックしよう!