「握力の左右差」が入れ替わった!たった1つの方法とは?※体験談

いつも十代ブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

今回は、「握力の左右差」が入れ替わった!たった1つの方法とは?※体験談について、ご紹介させていただきます。

握力に左右差がある方

本記事は「握力に左右差がある方」に伝えたい内容です。

中学3年の時の私の握力は・・・

  • 右手:約15kg
  • 左手:19.8kg

となります。(どちらの手も女の子に負けました……)

ちなみに私は「左利き」ですので、どうしても左手の握力の方が強かったのです!

そんな私は、握力のトレーニングに目覚めるも・・・左右差は広がる一方でした。

一時期、握力の左右差が10~15kg以上も開く時があり、どうしようか悩んでいました。

その時、突然! ある法則に気付いたのです。

それは・・・

いつも利き手である左手からトレーニングをしていることに!

つまり!! 握力の左右差をなくすには・・・

利き手と反対の手から先に鍛えるだけで、左右差が改善・・・入れ替わった!!

今回は、握力の左右差が入れ替わった時の体験談について、ご紹介させていただきますので、どうぞご覧くださいませ。

スポンサーリンク

「握力の左右差」が入れ替わる前の出来事!

「握力の左右差」が入れ替わる前の出来事!

中学3年の私は、女の子に握力の数値が負けてから、握力トレーニングを始めました。

すると・・・鍛えれば鍛えるほど握力は、ぐんぐん成長しました!

トレーニングを始めてから4か月たった頃!

私の握力は、右手が45kgくらいに対して、利き手である左手は60kgくらいありました・・・!

左右差があると!手の感覚が違う?

その時の状況は、ハッキリと覚えております!

握力に左右差があると、手の感覚が違いました。

それは・・・

  • 物の掴みやすさ
  • 物の握りやすさ
  • 力の入れやすさ

などの感覚が違いました。

スポンサーリンク

本気を出せない?

そして、何よりも痛感したのが!!

力の出し方がわからないのか? 本気で力を入れているのにも関わらず! 本気を出せていない⁉ そのような感覚があり、とっても悔しい思いをしました。

たった1つの方法を知った

そんな時、突然! ある法則に気付いた!!

それは、握力を鍛える順番が利き手からだったこと。

それから、利き手と反対の手からトレーニングをするようになった結果!

どんどん握力の左右差がなくなり、75kgくらいの時点で左右の握力が均等になりました。

「握力の左右差」が入れ替わった瞬間!

「握力の左右差」が入れ替わった瞬間!

なお握力の左右差が入れ替わった時は、握力計も持った瞬間にわかりました。

なぜなら、弱かった右手の方が左手よりも握力計を握りやすく感じたのです。

感覚的には「左手よりも右手の方が握力計にフィットしていて、安心して力を出せる」不思議な感覚。

もちろん、それは握力計だけではありませんでした。

グリッパー・ドアノブ・コップなどのありとあらゆる物を掴む時、右手の方が持ちやすく、リラックスすることができました。

今度は右手がどんどん強くなる?

その後も握力を鍛える際は、右手からトレーニングをすることを続けた結果。

右手がアナログ式の握力計の針(100kg)を振り切ったが、左手は・・・92~95kgと右手に追いつけなくなりました。

その後:今現在の握力

あれから約10年たった今現在の握力は・・・

  • 右手:66.9kg
  • 左手:62.1kg

と完全に入れ替わってしまいました。

なお私は、2019年までに握力100kgを目指してトレーニング中です。

もちろん握力の左右差をなくすため、利き手である左手から鍛えております!

以上、「握力の左右差」が入れ替わった!たった1つの方法とは?※体験談についてでした。

最後に:握力の左右差をなくすために重要なこと!

訪問者様いかがでしょうか?

握力の左右差を改善する方法を知ることができましたでしょうか?

しかし! 握力の左右差をなくすためには、1つだけとても重要なことがあります。

それは・・・

現在の握力の左右差を知ることです!

そして、弱い方の手を優先的に動かしましょう!

本記事では「握力トレーニング」と記載しましたが、日常生活でも意識して、弱い方の手を使うことで改善に期待できますよ。

そのためにも、現在の握力の左右差を知ることから始めましょう!

▼ 現状を知るために必要な握力計(デジタルMAX90kgまで)

握力計はお値段がお手頃ですし、電池の交換さえできれば、10年以上も持ちますよ。
※あくまでも、私が使用している握力計です。

ですから、握力計を持っていない方は、この機会に手に入れてみてはいかがでしょうか?

最後まで、ご覧いただき誠にありがとうございました。

関連記事

いつも十代ブログをご覧いただき誠にありがとうございます。今回は、【握力】鍛え方!20kg~測定不能への道について、ご紹介させていただきます。訪問者様は、握力を鍛えていますか?それとも、ただ鍛え方を知りたいだけですか[…]

【握力】鍛え方!20kg~測定不能への道
「握力の左右差」が入れ替わった!たった1つの方法とは?※体験談
十代ブログの最新情報をチェックする!